「オーガニック野菜」が地球温暖化に悪影響を与えているかもしれない

animals_plants 2018/12/18
Point
・有機農法は、化学肥料を使わないことにより、森林伐採を伴う農地拡大に繋がっている
・森林伐採により、二酸化炭素排出量は農薬を使用した方法と比べて、70%近く増加している
・有機的な精肉や乳製品の生産にも、有機野菜の飼料が使われるため、同様に気候変動に影響を与えている

農薬を使わない有機野菜は、安全・健康志向の代名詞として人気です。しかし、そんな有機野菜が、実は思わぬ形で地球に悪影響を与えていた可能性があります。

スウェーデンにあるチャルマース工科大学の研究チームによると、有機農法は伝統的な農薬農法と比べて、より広い農地を必要とするため、二酸化炭素の排出量が格段に増えていることが判明しました。研究は、12月12日付けで「Nature」上に掲載されています。

Assessing the efficiency of changes in land use for mitigating climate change
https://www.nature.com/articles/s41586-018-0757-z

より広い農地を必要とする有機農法

スウェーデンにおける有機農法は、従来の農薬農法と比較しておよそ70%も炭素排出量が多くなっています。同研究チームの主任研究員であるステファン・ウィルセリウス氏によると、「有機農法が化学肥料を使用しないことで、より広い農地を必要とする」ことが原因とのこと。

農薬や化学肥料を使用すれば、一度に大量の作物を安定して収穫することができます。しかしその代わり、農薬の中に含まれる化石燃料が、土壌汚染や環境汚染を促進してしまうのです。有機農法はその解決方法として採用されたのですが、反対に化学肥料を使わないことで1ヘクタール当たりの収穫量は大幅に減少します。

結果的に、有機農法で農薬農法と同じ収穫量を達成するためには、森林を伐採して農地を広げるしかありません、そしてこの森林伐採が、間接的に二酸化炭素排出量の増大につながっていたのです。

■影響は温室効果ガスの数倍以上

野菜だけでなく、有機的な牛肉や乳製品にも気候を悪化させる危険性があります。というのも、牛を無農薬で飼育するには、有機的作物を飼料として使うため、その分だけまた農地が必要となり、森林伐採につながっています。

研究チームは、有機農法の森林伐採による炭素排出量を評価するために「炭素機会費用(Carbon Opportunity Cost)」と呼ばれる新たな測定方法を用いています。この測定法は、森林に蓄えられている炭素量および、森林伐採に伴う二酸化炭素の排出量を考慮したものです。すると、農地拡大に伴う全体的な炭素排出量は、農薬農法と比べて圧倒的に多かったことが判明しています。

ウィルセリウス氏は、「有機農法による環境への影響を見落とすことは、非常に問題だ」と説明しています。というのも、有機農法の炭素排出量は、地球温暖化の主たる原因となっている温室効果ガスよりも数倍以上の影響力があるからです。

さらにスウェーデンでは、有機野菜の栽培量増加が目標にされており、このまま実行されていけば、温暖化への悪影響はまちがいなく高まりつづけるでしょう。有機野菜は、私たちの健康に役立つかわりに、地球の健康を害する悪性の腫瘍となっているかもしれません。

 

体に良い=地球にも良いというイメージがありますが、必ずしもそう上手くはいかないようです。人体だけでなく、地球にも優しい方法の開発が期待されます。

 

地球は「巨大な一つの生命体」。「ガイア仮説」を説明する新理論が発表される

 

via: dailymail , sciencedaily / translated & text by くらのすけ

 

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE