mathematics

「僕にはもう時間がない」19歳で決闘で死んだ天才数学者ガロア

2019.05.31 Friday

Evariste galois

今日は何の日?

今日5月31日は、19歳という若さで夭折した稀代の天才数学者ガロアの命日だ。

彼の死因は、病死でも自殺でもない。なんと、恋人を掛けた銃の決闘で死んだのだ。

さらに彼は決闘の前夜、それまでに考えていた数学のアイデアをまとめ友人に託している。

それこそが「ガロア理論」と呼ばれる、数学の群論という分野に関わる非常に重要な理論だった。

相対性理論も量子力学も、ガロア理論がなくては語れない。そして、数学界の超難問とされてきたフェルマーの最終定理の証明についても重要な鍵を握っている。

そう、彼は20歳前に亡くなりながら、未だに科学・数学の世界に多大な影響を与え続けている人物なのだ。

まるで「なろう小説」の主人公並みに設定盛り過ぎなガロアについて、彼の命日を偲んで振り返ってみよう。

彼のドラマチックな人生を知れば、意味はわからなくても数学が好きになるかもしれない。

次ページ10代で思いついたガロア理論

<

1

2

3

4

>

数学mathematics

もっと見る

Special

注目pick up !!