biology

2021.01.27 Wednesday

2019.10.05 Saturday

あくびの長さは「脳のサイズ」で変わる

ナゾロジーチャンネル動画公開中

動画は三次元! 次元の理解の仕方を解説
1枚目の画像
Credit: Don Bartletti/Los Angeles Times

Point

■哺乳動物のあくびの長さが、脳のサイズと、大脳皮質のニューロンの数に比例することが判明

■あごを大きく開いて深く息を吸い込むと、血流の増加によりブドウ糖や酸素が脳へ運ばれ、脳の働きが改善する

■霊長類やゾウなどの一部の非霊長類は、他の動物よりニューロンの数が多いため、長いあくびを必要とする

人間だって光る。ヒトの「生物発光」が初めてカメラに捉えられる

あなたの周囲に、よく大きなあくびをする人はいますか?

その人は、もしかしたらやる気がないわけではなくて、単に大きな脳を持っているだけかもしれません。

最近の研究で、哺乳動物のあくびの長さが、脳のサイズと、大脳皮質のニューロンの数に比例することが明らかになりました。ニューヨーク州立大学で「あくび学」を研究するアンドリュー・ギャラップ氏による論文が、「The Royal Society」の雑誌に記載されています。

Yawn duration predicts brain weight and cortical neuron number in mammals
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsbl.2016.0545

あくびの長さとニューロンの数は比例する

多くの脊椎動物が持つあくびの習慣ですが、実際その仕組みはほとんど解明されていません。

あくびは一般的に、眠気や退屈のサインとして捉えられていますが、身体の中で重要な生理学的役割を担っています。筋肉の疲れにはストレッチが効くように、脳の疲れにはあくびが効果的なのです。

ストレッチをすると、身体の特定の部位えの血流が増加します。同じように、あごを大きく開いて深く息を吸い込むと、頭部に血液が巡り、ブドウ糖や酸素が脳へ運ばれます。また、あくびにはヒートアップした脳を冷却する効果もあります。

このことから、ギャラップ氏らは「大きな脳を持つ動物ほど長いあくびを必要とする」という仮説を立て、その真相を確かめるため、YouTubeに投稿された動物のあくびの動画200本を分析することにしました。

犬、猫、ハリネズミ、オポッサム、キツネ、リス、ヒトなどの霊長類を含む24種の動物のあくびの長さを計測し、それらを各動物の平均的な脳の重さと皮質ニューロンの数と照らし合わせたところ、長いあくびをする動物ほど、脳が重い傾向にあることが明らかになりました。

2枚目の画像
縦軸: あくびの長さの平均、横軸左: 非霊長類、横軸右: 霊長類 / Credit: Andrew C. Gallup , Allyson M. Church and Anthony J. Pelegrino/The Royal Society Publishing

また、あくびの長さと、皮質ニューロンの数で判断される脳の複雑性の間には、さらに顕著な相関が見られました。

次ページヒトと他の動物の認知能力の差は「ニューロンの数」が原因

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!