生き抜く道は「擬態」にあり
生き抜く道は「擬態」にあり / Credit: canva
biology

昆虫の擬態はすごい。 天敵だらけの世界で生き抜く「モノマネ戦略」とは?

2020.12.13 Sunday
scienceabc https://www.scienceabc.com/nature/animals/why-do-animals-mimic.html, 『昆虫はすごい』 https://www.amazon.co.jp/%E6%98%86%E8%99%AB%E3%81%AF%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%B8%E5%B1%B1-%E5%AE%97%E5%88%A9/dp/4334038131

「自分の身は自分で守る。」

厳しいですが、これが自然界の掟です。

サメやトラ、ワニといった強い捕食者ならまだしも、小さな虫たちには限界があります。天敵と出くわしてしまえば、まず生き残ることはできません。

そこで彼らがきわめたのは「モノマネ(擬態)」です。

昆虫は見つからない技術を極限まで高めることで今日まで生きのびてきました。

一体、どんなモノマネ戦略を進化させたのでしょうか?

オーソドックスな「隠ぺい擬態」

最もたいせつな点は、敵に見つからないことです。

小さなたちは元から隠れるのが得意ですが、さらにこれを押し進めて、その場の環境に同化する技術を身につけました。

その代表が「コノハムシ」です。

彼らはからだを葉っぱそっくりに進化させ、葉脈や枯れ具合までこまかく再現しています。

木々にまぎれてジッとしているので、動かないかぎり見つけることはできません。

コノハムシ
コノハムシ / Credit: jp.depositphotos

また、「トビモンオオエダシャク」というガの幼虫は、枝に擬態するスペシャリストです。

見た目だけでなく、葉っぱを食べることでその成分を取り込み、体表面の成分も枝に似せています。

トビモンオオエダシャクの幼虫
トビモンオオエダシャクの幼虫 / Credit: insects.jp

こうしたモノマネが「隠ぺい擬態」です。

基本的には天敵から隠れるためのものですが、中には獲物をおびきよせるために隠ぺい擬態をするものもいます。

「ハナカマキリ」です。

彼らはからだを花そっくりにすることで、小さな昆虫を惹きつけるように進化しました。

ハナカマキリ
ハナカマキリ / Credit: jp.depositphotos

このように自然の中に溶け込んでいれば、敵に襲われるリスクも低くなります。

しかし、虫たちもエサを食べないと死んでしまうので、ずっと隠れているわけにはいきません。

そこで昆虫は新しいモノマネの方法を編み出しました。

それを次に見ていきましょう。

次ページ毒虫に化ける「ベイツ型擬態」とは?

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!