常識だった「鳥のフンが落ちにくいのは尿酸のせい」を覆す新事実が発覚

animals_plants 2019/09/28
Credit: depositphotos

Point

■鳥の糞は、壁や車にひっつくと容易に洗い落せないが、その原因はずっと糞に含まれる「尿酸」のせいだと言われていた

■この鳥の糞をX線解析した結果、通説となっていた成分「尿酸」が含まれていないことが明らかとなった

■分析結果では他に未知の物質2つが検出されており、この特定を含め、鳥の腸内細菌叢について我々にとって未知の問題が多く残されていることを示した

壁や車の塗装に張り付き、金属部分を腐食させる鳥の糞。洗っても落ちづらいこの白い物体、新車に引っ付いていた日には、アメリカ人じゃなくても「Shit!」と叫びたくなるでしょう。

そんな鳥の糞ですが、なかなか洗い落とせない理由、白いペースト状である理由、金属を腐食させる理由などは、ずっと主成分が尿酸であるためだと説明されてきました。

しかし、この考えに疑問を抱いた研究者が6種類の鳥の糞についてX線分析を行った結果、驚くべき新事実が明らかとなったのです。

なんと、当たり前にその主成分とされていた「尿酸」が鳥の糞には含まれていないことがわかったのです。

この研究は、テキサス大学オースティン校の科学者Nick Crouch氏により発表され、鳥類学専門ジャーナル「Journal of Ornithology」に8月5日に掲載されています。

A re-evaluation of the chemical composition of avian urinary excreta
https://link.springer.com/article/10.1007/s10336-019-01692-5

鳥はおしっこをしない

Credit:pixabay

「鳥の糞」と連呼しましたが、実際鳥の白いペースト状のものは糞ではなく「おしっこ」に当たるものです。

鳥は空を飛ぶために、重い水分を不必要に保持することを嫌います。そのため通常の生物が行うような、アンモニアを尿素に変え、水に溶かして排出するというおしっこはしません。

ではフンに含まれる白い物体の正体は何なのでしょうか。従来の説明では、おしっこのその代わりに非水溶性の、より複雑な化合物の尿酸を作り出して体外へ排出すると言われていました。糞の掃除が大変なのは、これが大変水に溶けにくい性質を持っているからなのです。

…というのが、これまで鳥の糞における常識的な説明です。

こうした解説は、鳥についてググればいくらでも見つかります。それだけ当たり前の考え方だったのです。

友人の意思を継いだ 鳥の排泄物の分析

実はCrouch氏は本来、鳥を専門とする研究者ではありません。彼が鳥の排泄物を分析しようと考えた理由は、亡くなった友人の主張を確認するためとのこと。

友人のBob folk教授は岩の構造を研究する科学者でしたが、その旺盛な知識欲から69年に17種の鳥の排泄物を分析した論文を発表しました。そこではX線回折の結果、鳥の排泄物には尿酸は含まれていないことが指摘されていました。

しかし、71年に対抗する論文が発表され、そこでは同じX線回折による分析の結果、オウムの排泄物から尿酸の存在を証明できたと書かれていたのです。

現在の常識では「鳥の排泄物は尿酸である」とされていることからも、folk教授の研究は結局否定されたままになっていたのでしょう。

Crouch氏は、このFolk氏が生前語った説について、最新のX線分析を行えば何か違う事実を発見できるかも知れないと考え実験を実行したのです。

X線回折法とは、物質にX線を当て、物質の結晶構造を通過することで起こる回折のパターンを分析することで、物質の構成を調べる解析手法です。

X線回折による結晶構造の解析。/Credit:Wikipedia Commons /Cdang

この手法自体は、50年間で特に変化してはいないのですが、物質中に存在する複数の化学物質をX線が透過した際に生成される、独特の散乱パターンを分析する技術はかなり正確なものに進化していました。

そのため、かつては曖昧に分析されていた部分もより鮮明な結果を導き出せる可能性があったのです。

X線回折を受けている研究サンプル。物質の化学組成はX線の偏光パターンから解釈される。/Credit: Nick Crouch

サンプルに利用されたのは、オースティン動物園で飼育されている鳥たちで、他には研究者Crouch氏の近所で飼われているニワトリから採取されたとのこと。彼は飛べない種なども含み、幅広い種類をカバーして分析を行いました。

その結果、尿酸と一致する回折パターンは見つかりませんでした。

鳥の排泄物から発見されたのは、尿酸アンモニウム、スツルバイト、他2種類の未知の物質だったのです。

未知の腸内細菌叢

この結果は、鳥の腸内最近が尿酸を排出する前に分解した結果であるとCrouch氏は考察しています。

この結果と一致した働きを持つ細菌群も、他の研究で鳥の消化器官内から発見されており、信憑性は高そうです。

ミネソタ大学で鳥類学を研究するSushma Reddy教授は、「とても驚くべき結果だ。これは鳥類の生理学研究に拍車をかけるだろう」と語っています。

今後この研究は、鳥の排泄物に含まれる未知の物質2つの特定を含め、新しい研究課題に挑んでいくといいます。

私達は、あまり興味のない話題について、常識として情報を受け取った場合、何の疑問も抱かずに受け入れてしまうことがあります。そして、それは科学的な研究を行う人達にとっても、あり得ることなのです。

常識として信じられている問題について、再分析を試みることの重要性をこの研究は訴えています。

吸血する鳥フィンチ、血を吸うのは進化ではない?

reference:jsg.utexas/ written by KAIN

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE