中の人などいない。鳥類最強・最大級である「オウギワシ」の能力が高すぎた

animals_plants 2019/10/03
credits: crg339

世界最大の猛禽類である「オウギワシ(Harpy Eagle)」をご存知でしょうか。人間と同じくらいのサイズを持つ巨大な「オウギワシ」が、「コスプレをした人間みたい」と海外掲示板「Reddit」上で話題になっています。

人と同等のサイズを持つ数少ない鳥で、ポケモンの世界から飛び出してきたような見た目が特徴。まるで怪人のような佇まいです。

credits: leon_moore_nature_experience

握力150キロ、飛行パワーはライフルの銃弾に匹敵

オウギワシは、中央アメリカから南米に伸びる熱帯雨林を生息地としています。

オスよりもメスの方が大きくなるそうですが、基本的に全長は1mを越え、翼幅は2m30cmに達し、体重は4〜8kgもあります。平均寿命は、25〜35年に及ぶそうです。

飛行スピードは最大80km/hまで加速し、その際の鉤爪の衝撃力は1800ジュール。このエネルギーはアサルトライフルから放たれる銃弾に匹敵します。

credits: Judie Custer

黒々と伸びる爪はクマのそれよりも長く、握力は150kg近く達するという規格外のパワーの持ち主です。

通常は熱帯雨林の林冠上部で生活し、空中を主戦場とすることもあって基本的に天敵はいません。

彼らは、サルやヤマアラシ、ナマケモノ、鳥、ヘビなど、かなり大きな動物を簡単に仕留めて、食料としてしまいます。

彼らの捕食リストに「人間」が入っていないことが何よりも幸いですね。

credits: Bjørn Christian Tørrissen

ところが近年、森林伐採による環境破壊や密猟の影響でオウギワシは減少の一途を辿っています。2年ごとにしか繁殖活動をしない彼らの生態が、それに拍車をかけているようです。

現在、オウギワシの絶滅を防ぐために、世界各地で保護活動が進められています。

credits: The Next Gen Scientist

では日本でもオウギワシが見れるのかというと、絶滅危惧種に指定され、保護活動も行われているため、現在は取引も厳しく規制されています。

少し残念ですが、日本にオウギワシがやってくる可能性は非常に低いでしょう。

日本にいる間は、写真や図鑑で彼の強さに圧倒されているのが安全のようです。

死を呼ぶ木。下に立つだけでヤバイ世界一危険な樹木「マンチニール」

reference: boredpanda / written by くらのすけ

SHARE

TAG