意識の発生源がわずか3ミリの脳組織であることが判明

Credit:depositphotos
point
  • 脳内で「意識」を担当している場所が視床内部の外側中心核にあるとわかった
  • 麻酔によって眠っているサルの外側中心核を電極刺激すると目覚め、電流をとめるとまた眠りについた
  • 意識の場所がわかったことで、昏睡状態にある人を助けられるかもしれない

これまで意識が脳の産物であることはわかっていても、脳の「どの部分」が意識を担当しているかは、謎のままでした。

しかし今回、「意識のエンジン」とも呼べる場所が、視床内部の外側中心核という僅か数ミリの部分に発見されました。

この部位を電気刺激されたサルは、たとえ麻酔によって昏睡状態にあっても意識を取り戻し、ヒトに向けて手をのばすなどの仕草をみせました。

サルの意識は電気刺激が行われている間は続きましたが、電源が落とされると、サルは再び昏睡してしまいました。

意識の場所が特定されたことで、意識障害や昏睡状態(脳死ではない)の治療につながると期待されています。

また今回の発見は究極的に、意識とは何なのか、という大きな謎に迫るキッカケにもなりそうです。

研究結果は米国ウィスコンシン大学のミシェル・J・レディンボー氏らによってまとめられ、1月12日に学術雑誌「Neuron」に掲載されました。

Thalamus Modulates Consciousness via Layer-Specific Control of Cortex
https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(20)30005-2#%20

脳の各所を電気刺激する

ニホンザルもマカクの仲間/Credit:wiki

研究者は意識の場所を探すにあたって、ヒトと同じ霊長類であるサルを麻酔で昏睡させました。

そして昏睡状態にあるサルの脳の各所を電気刺激することで、目覚める場所を探しました。

サルの意識の有る無しを評価するにあたっては、サルの脳の神経活動量を測定する他に、覚醒後に基本的な作業タスク(画面に表示された点を目で追うなど)を行わせることで確認します。

結果、視床内部の外側中心核と呼ばれる僅か数ミリの脳組織を、50 Hzの周波数で刺激したときに、サルの意識はもっともよく戻りました。

サルの意識は電気刺激中は継続して確認できましたが、研究者が電源を落とすと、サルは僅か数秒で眠ってしまいました。

このことから研究者は、視床にある僅か3〜4mmほどの外側中心核が「意識のエンジン」となっていると結論づけました。

人間とサルの脳の構造はほとんど同じであることから、人間の意識も同じように小さな外側中心核が担っていると考えられます。

研究チームのレディンボー氏は「今回の研究結果は、チームの誰にとっても、あまり感じの良いものではありませんでした」と述べています。

研究者たちも、意識の出どころがこれほど小さな組織だったことに釈然としないようです。

意識の場所がわかると、昏睡状態の人の治療ができる

Credit:depositphotos

今回の研究結果によって判明した意識にかんする事実は、多くのメリットをもたらしてくれるはずです。

これまで原因がわからなかった、多くの意識障害に対して治療法につながる道も開けました。

昏睡状態にある人の外側中心核を持続的に刺激することで、目覚めさせることができるかもしれません。

 

一方、海外の掲示板「reddit」に寄せられた反応は、研究の成果そのものよりも、意識に対する「哲学的」な視点からの議論が盛んに行われているようです。

多くの人々は、高度な脳機能であると思われていた意識が、僅か3〜4mmの組織に依存しているとの研究結果を受け入れがたいようです。

意識は脳のあらゆる場所を活性化する、高度で特別なシステムだと、誰しも考えていたからです。

ですが、私たちが魂や意志だと感じているものは意外に単純な作りなのかもしれません。

意識の存在は「測定」できるの? 今の科学の解答がこちら

reference: inverse / written by ナゾロジー編集部

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE