9900万年前の琥珀に史上最小4cmの原始鳥を発見

animals_plants

琥珀の中に見つかった恐竜の頭部/Credit: Lida Xing
point
  • 約9900万年前の琥珀中に、史上最小の新種恐竜が発見される
  • 鳥類の系統に属しており、全長は4センチ程度、体重はわずか2グラム
  • 100本の歯を持つ攻撃的な一面がある一方、視力は悪かったと思われる

2016年にミャンマーの鉱山地帯で発見された小石ほどの琥珀。その中に保存されていた恐竜が、中国科学アカデミーの研究により、新種特定されました。

生息年代はおよそ9900万年前で、恐竜全盛の中生代(約2億5217万年前〜6600万年前)中後期に当たります。

また、保存されていたのは頭部のみでしたが、そのサイズから史上最小の恐竜である可能性が高いようです。

研究の詳細は、3月11日付けで「Nature」に掲載されています。

Tiny bird fossil might be the world’s smallest dinosaur
https://www.nature.com/articles/d41586-020-00576-6

全長は4センチ程度⁈

発見された新種は、「Oculudentavis khaungraae」と命名されています。

ラテン語で「oculus」は目、「dentes」は歯、「aves」は鳥を意味するように、この恐竜が属しているのは鳥類の系統です。

原始鳥の一種と見られ、琥珀中に保存された頭蓋骨はわずか7.1ミリ、くちばしを入れても1センチほどしかありません。

全長は、現生する世界最小の鳥「マメハチドリ」と同程度の4〜6センチ、体重にいたっては約2グラム。これは1円玉2枚の重さに相当します。

復元されたイメージ図/Credit: Han Zhixin

これまでに見つかっている恐竜の中では、間違いなく最小にして最軽量でしょう。

しかし体は小さいものの、性格はむしろ攻撃的だったと考えられています。

くちばし内部には鋭い歯が100本ほど生えており、くちばしの最奥までびっちり生えそろっていました。

Credit: Li Gang

研究員のJingmai O’Connor氏によると「同時代に存在したどの鳥類よりも多く、また、奥にも歯があることから、口を大きく開けて狩をしていたと考えられる」とのことです。

それでも、口があまりに小さいので、食べられたのは昆虫類だけだったでしょう。

目は意外に悪かった?

さらにスキャニングによる分析の結果、鳥類を含む恐竜にはまったく見られない特徴が見つかっています。

まず、無数に生えている歯は専用のソケットを持っておらず、頭蓋骨に直接つながっていました。それから目の周りの骨はスプーン型でくぼんでいます。

これはトカゲなどに見られる特徴で、鳥類にはありません

Credit: Han Zhixin

しかし、眼窩の直径は、この生物の瞳孔がきわめて小さかったことを示しています。

このことから、視力は低く、狩りをするのは陽の出ている日中のみで、視界の悪い夜はおそらく外出を控えていたと考えられます。

Credit: Xing Lida

これほど小さな生物の骨は、土や岩石中だと腐食が進み、化石としてめったに保存されません。しかし木の樹脂が固まってできる琥珀は、古代生物の死骸や化石を傷つけず、良好な状態に保ってくれるのです。

琥珀は一種の「タイムカプセル」として、今後も古代世界へのさらなる窓口を開いてくれるでしょう。

ついに恐竜の化石からDNAとタンパク質が初検出される

reference: livescience, phys.org / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG