animals plants

2021.01.27 Wednesday

2020.05.13 Wednesday

自分のうんちで溺れて集団死した「古代ナマケモノ」の化石を発見

ナゾロジーチャンネル動画公開中

地球上で最も長く姿を変えずに残り続けている生物種とは?
1枚目の画像
Credit: Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology

南米エクアドルにある「タンク・ロマ」という発掘所で、20体を超える古代ナマケモノ「Eremotherium laurillardi」の化石が発見されました。

年代測定の結果、化石は更新世(約260万年〜1万年前)末期のものと特定されています。

更新世末期と言えば、最終氷期の時代。過酷な気候変動により、多くの哺乳類が絶滅した時代です。

しかし今回見つかったナマケモノの死因は、気候とまったく関係ありませんでした。カリフォルニア大学などの研究によると、なんと彼らは自らのフンが原因で死んだというのです。

古代のナマケモノは超巨体だった

古代ナマケモノは現生するナマケモノとは違い、体長は3mから最大で8m、体重は3トンにも達する巨体でした。

そのため、今のような樹上生活ではなく地上を徘徊していたようです。

彼らはおよそ3500万年前の南アメリカに出現し、最終氷期にその他の大型哺乳類とともに絶滅しました。

2枚目の画像
当時の巨大ナマケモノ「メガテリウム」の骨格/Credit: ja.wikipedia

このような大型哺乳類の絶滅について、ある専門家は「初期人類の狩猟が原因だった」と言い、別の専門家は「氷河期の気候が原因だった」と主張しています。

種全体の絶滅理由はその2つが有力ですが、今回の22体のナマケモノの死亡理由に関しては違いました。

次ページ自分たちのフンで集団死?

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!