medical

100年以上謎だった「全身麻酔で意識がなくなる原因」が特定される

2021.01.27 Wednesday

2020.06.01 Monday

1枚目の画像
Credit:depositphotos
point
  • 当たり前のように手術に利用されている全身麻酔だが、その原理は謎に包まれていた
  • 新たな研究は、超解像度光学顕微鏡を使い脳神経の細胞膜内の変化を観察
  • 結果、細胞膜内の脂質ラフトの無秩序化がニューロンの発火を止めてしまうことを確認した

全身麻酔は大きな手術で使われる重要な医療技術です。

全身麻酔なしで手術を受けるというのは、考えられない話です。

しかし、この「全身麻酔がなぜ人の意識を奪うのか」という詳しい原理については、医学はこれまで説明することができませんでした

麻酔の原理がよくわかっていないという話は、ちょくちょく耳にしている人もいるかもしれません。

けれど、こうした医学ミステリーの古株も、とうとう最新技術を用いた研究を前に陥落したようです。

新しい研究によると、細胞膜内にある本来なら秩序だった脂質クラスターが、クロロホルムにさらされると短時間で無秩序になるということが原因とのこと。

最新の超解像度光学顕微鏡と、ショウジョウバエを使った実験で明らかにされました。

175年に渡る医学界のミステリー

西洋で初めて全身麻酔による手術が行われたのは、1846年のことでした。

ボストンのマサチューセッツ総合病院で行われた腫瘍患者の手術は「エーテルドーム」と呼ばれていて、ここで全身麻酔の効果が初めて実証されたのです。

この様子は、絵画にも描かれている歴史的な重要イベントでした。

2枚目の画像
Credit: Francis A. Countway Library of Medicine, Harvard Medical School

実に175年も前から全身麻酔は利用されているわけですが、麻酔によって人が意識を失うメカニズムは、これまで不明のままでした。

未解明と言われると、まったく何もわかっていないようなイメージを受けてしまいますが、科学の世界で未解明の問題といった場合、おおよその見当はついているけれど、事実と認める証拠が足りないという状況がほとんどです。

「あの人が犯人に違いない、でも証拠が足りない」とコナンくんが言っているような状態ですね。

全身麻酔の原理については、1899年にドイツの薬理学者ハンスと、1901年にイギリスの生物学者チャールズが、脂質の溶解度が麻酔の効力を決定しているようだ、という研究を発表しています。

これはかなり賢明な結論で、今回の研究でも、細胞膜内で神経活性化などに関係している「脂質ラフト」という部分に着目しています。

これまで1世紀近くに渡って、医学研究者たちが細胞内の脂質になにかあるようだ、と考えながらも麻酔の効果との関係を決定できなかったのには、2つの要因があります。

1つは、目的の脂質の変化が小さすぎて見えなかったこと。もう1つは、多種多様な脂質の組織が複雑で、その機能が完全にわかっていなかったことです。

新たな研究は、この2つをクリアすることができたのです。

次ページ原因は脂質の無秩序化

<

1

2

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!