ガラス質火山岩を使った”無毒”な殺虫スプレーが誕生! 蚊を物理的に撃退

パーライト粒子が付着した蚊の脚/Credit: NC State University
point
  • ガラス質火山岩「パーライト」を使用した新しい殺虫スプレーが開発される
  • パーライト粒子が脚に付着すると、蚊が脱水症状になり死亡する
  • パーライト以外の化学物質は含まれず、人や他の哺乳動物にはまったく無害

マラリアによるアフリカの死亡者数は年間40万人にのぼり、その媒介者である蚊は、世界で最も人を殺している生物です。

現時点での対処法は、殺虫スプレーか、防虫処理された蚊帳が主流になっています。

しかし近年、殺虫剤に使用される「ピレスロイド成分」に蚊が耐性を持つようになり、従来の殺虫スプレーでは効果が薄れつつあるのです。

そこで米・ノースカロライナ州立大学は、複数の研究所と共同して、新しい室内残効性スプレー「イメルガードWP」を開発しました。

このスプレーは、ガラス質火山岩と水を混ぜて作られた斬新な殺虫剤であり、人やその他の哺乳動物にはまったく無害とのことです。

実証テストでは、従来の殺虫スプレーをはるかに上回る効果が証明されています。

蚊が「脱水症状」に陥る

イメルガードWPの主な材料は、ガラス質火山岩の「パーライト」です。

パーライトは、建築材料や庭の土壌添加剤としてよく使われ、工業用の需要が高いことで知られます。

これを粒子状に加工して水を混ぜるだけで、他の化学物質は一切使用しません。安全面やコストパフォーマンス面も非常に高いです。

パーライトを粒子状に/Credit: mdpi

イメルガードWPは、屋内の壁や天井、屋根裏などに散布して使う、残効性のスプレーです。

その殺虫メカニズムについて、研究チームのウィリアム・レイノルズ氏は、「パーライト粒子が脚に付着することで、蚊が脱水状態に陥る」と説明します。

「蚊は鉱物への嗅覚を持たないため、イメルガードWPを回避できず、付着後、数時間以内に大半の蚊が死亡する」と続けます。

判明した驚異の殺虫効果

研究チームは、イメルガードWPの効果を調べるため、西アフリカ・ベナン共和国でテストを敢行。実験には、サハラ以南で最もマラリアを媒介する「ガンビエハマダラカ」が用いられています。

実験は、4グループに分けて行われました。

第1グループはまったく殺虫剤を使用しないコントロール群で、第2グループは一般的なピレスロイド剤を壁に散布します。

第3グループでイメルガードWPを、第4グループでイメルガードWPとピレスロイド剤を混ぜたものを散布しました。

ベナンの実験場/Credit: mdpi

結果、最も蚊の死亡率が高かったのは、イメルガードWPを使用した第3・4グループでした。ピレスロイドの有無は関係なく、イメルガードWPが使われていれば、死亡率は高くなっていました。

具体的には、実験開始5ヶ月での死亡率が80パーセント、半年で78%に達しています。一方で、ピレスロイドを使用した第2グループでは、5ヶ月までの死亡率が40〜45%で半年になると25%まで下がっていました。

このことからイメルガードWPは、人の健康や環境に配慮しつつ、マラリア媒介者の蚊を激減させる方法として大いに期待されています。

研究の詳細は、5月23日付けで「Insects」に掲載されました。

ImergardTMWP: A Non-Chemical Alternative for an Indoor Residual Spray, Effective against Pyrethroid-Resistant Anopheles gambiae (s.l.) in Africa
https://www.mdpi.com/2075-4450/11/5/322

遺伝子操作による蚊の減少実験が失敗、さらに「不死身の蚊」が誕生?

蚊に刺されやすい人の科学的な特徴って?

reference: ncsu.edu / written by くらのすけ
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG