遂にロボット犬「SPOT」が約800万円で購入可能に

technology

Credit:Boston Dynamics
point
  • ロボット犬「SPOT」が販売開始
  • 「Explorer」バージョンは約800万で購入でき、カスタマイズも可能
  • 人間にとって安全ではない場所での情報収集・作業に向いている

6月17日、米国Boston Dynamicsは4足歩行ロボット犬「SPOT」の販売を開始しました。

今回発売される「Explorer」バージョンは74500ドル(約800万円)で購入できます

以前から話題となっていたロボット犬が遂に入手可能になったのです。

「SPOT」は何ができるの?

SPOTはリモート操作によって様々な仕事を実行できます。

例えば、人が近づけない場所にアクセスし、安全に調査・作業が可能。

また、ツールによって上手に扉を開けることさえできてしまいます。

Credit:Boston Dynamics

SPOTの最大の特徴は、その適応性にあるでしょう。

従来の遠隔操作ロボットは車輪やプロペラなどで移動していました。そのため、森や工事現場などの障害物がたくさんある場所では活動に限界があったのです。

Credit:Boston Dynamics

ところが、新発売のSPOTは動物のような4足歩行を実現できているため、段差を跨いだり、坂道を上ったり下りたりできます。

コントローラーで細かい動作を指示できますが、プログラムによって自律制御も可能とのこと。

Credit:Boston Dynamics

軽快な動きによって本物の犬のように振舞えます。

厳しい環境でSPOTが活躍

SPOTは厳しい環境での利用に適しています。

全長110cm、幅50cm、高さ84cmと、コンパクトサイズなので狭い場所にも入って行けるでしょう。

また、動作環境は-20℃~45℃となっており、人間では低体温症や熱中症の危険がある場所でも作業可能。

Credit:Boston Dynamics

加えて、SPOTは情報収集に長けています。

水平視野は360°であり、地形感知範囲は4mにも及びます。人々が危険で近づけない場所での情報収集にはピッタリですね。

Credit:Boston Dynamics

そのためSPOTは、建設現場、電気事業、公共安全、ヘルスケア、鉱業、娯楽スポットなどで作業でき、専用のソフトウエアをカスタマイズすることで様々な場面にしっかりと適応します。

実際、開発時には米国マサチューセッツ州警察によってSPOTのテストが行われ、SPOTが爆弾処理班の一員として活躍しました。

Credit:Boston Dynamics

ただし、SPOTの自宅使用は未だ安全だと認定されていません。危険性を理解していない子供たちや他の人の近くで使用してはいけないのです。

SPOTが必要とされる場面はたくさんありそうです。今後様々なところでSPOTを見かけるかもしれませんね。

ぬるぬる動く!進化したロボット犬「Unitree-A1」は速度2倍&重さも5kgに軽量化

reference: vice / written by ナゾロジー編集部
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG