space

1時間で「10年間の太陽の動きを見られるタイムラプス」が公開される(NASA)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.04 Saturday

1枚目の画像
Credit:NASA
point
  • 太陽の10年間を記録したタイムラプスが公開される
  • 太陽活動周期のほぼ1周期分が収められており、活動ピーク時の違いを比較できる
  • 金星通過などのイベントも確認可能

NASAは、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバドリー(SOD: Solar Dynamics Observatory)」が記録した太陽映像のタイムラプスを公開しました。

2010年から10年に渡って記録された太陽の映像は約1時間にまとめられており、太陽の歴史を簡単に眺めることができます。

太陽の10年間が詰まったタイムラプス

SODはNASAによって2010年2月11日に打ち上げられ、この時以来0.75秒ごとに太陽の写真を記録してきました。

その結果、これまでに4億2500万枚以上の高解像度画像を取得しており、そのデータ量は2000万ギガバイトを超えています。

そして今月、NASAゴダード宇宙飛行センターの科学者たちは、2010年6月2日から2020年6月1日までの10年間の画像を使用して約1時間のタイムラプスビデオを作成しました。

1時間の観察時間ごとに1枚の写真が使用されており、合計87000枚の画像が繋ぎ合わされています。

ちなみに、ビデオの1秒間は地球での約1日に相当します。

次ページ太陽タイムラプスの見どころ

<

1

2

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!