メキシコの水中洞窟が「古代人の鉱山跡」だったと判明! 8000年前に沈んだアメリカ大陸最古の採掘痕跡とは?

spot

Credit: CINDAQ.ORG

メキシコ・ユカタン半島、キンタナ・ロー州の海底で、約1万2000年前に人類が採掘場として使っていた水中洞窟が発見されました。

洞窟はもともと陸地に出ていましたが、最終氷期(7万〜1万年前)後の海面上昇に伴い、およそ8000年前に水没し始めたようです。

数百メートルも続く洞窟内部には、人骨やサーベルタイガーの骨、石器、照明のための木炭などが見つかりました。

調査を行った研究チームによれば、洞窟は「アメリカ大陸最古の採掘痕跡」とのことです。

鉱山として使われていた?

キンタナ・ロー州/Credit: ja.wikipedia

キンタナ・ローの水中洞窟が見つかったのは2017年のこと。

同地で海底調査を行う科学団体「CINDAQ(Centro Investigador del Sistema Acuífero de Quintana)」のダイバー、フレッド・デヴォス氏とサム・ミーチャム氏により発見されました。

洞窟内部は数百メートルにわたって広がっており、人や動物の骨、人為的に掘られた穴、道の目印に使われたと思しき石塚などが見つかっています。

Credit: youtube

また、当時としては貴重な赤色顔料が得られるレッドオーカーを採掘した痕跡も特定されました。

レッドオーカーは、鉄の酸化物を豊富に含む鉱物です。その色は象徴的に血の色に例えられ、数十万年にわたり、宗教的儀式やボディペイントに使われました。

あるいは、ヒ素が多分に含まれることから、防虫・防腐剤などの薬剤にも使用されたと言われます。

照明に使われたと思われる木炭の化石/Credit: nationalpost
サーベルタイガーの化石/Credit: youtube

こうした遺物の炭素年代測定から、洞窟に人類が出入りしたのは1万1400〜1万700年前のようです。採掘を行った人々はネイティブアメリカンの古い祖先に当たり、複数人で組織的な作業を行っていたでしょう。

洞窟は広くて暗いので、協力しなければ危険です。実際、洞窟奥には、火をなくして迷い、命を落としたと思われる人の遺骨がありました。

こちらは、洞窟内部の3Dモデルです。

顔料以外にも、洞窟は浄水が手に入る場所だった可能性もあると言われます。

当時の人々にとっては、さまざまな資源が手に入る貴重な場所だったのかもしれません。

研究の詳細は、7月3日付けで「Science Advances」に掲載されています。

Paleoindian ochre mines in the submerged caves of the Yucatán Peninsula, Quintana Roo, Mexico
https://advances.sciencemag.org/content/6/27/eaba1219

マヤ文明の都市は「水の汚れ」によって滅びたと判明する! 貯水池から猛毒の水銀を発見

reference: nbcnewscindaqnationalpost / written by くらのすけ
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG