終末世界を描いた映画が好きな人は、パンデミックにうまく対処できるかも!?

story_fun 2020/07/08
Credit:depositphotos
point
  • 終末世界映画のファンは、現実のパンデミックにうまく対処できる可能性が示された
  • 調査の結果、終末映画ファンはパンデミック時の不足物資や、デマ情報などに事前の知識があった
  • 精神的なストレスにおいて、その他の人たちと比べ緩和された状態にあることがわかった

映画の世界では、宇宙人の攻撃や小惑星の衝突、ウィルスによるパンデミックまで、終末世界をテーマにした作品を多く生み出しています。

これまで心理学者たちは、人々がこうした作品に惹かれる理由を説明しようと研究してきましたが、ほとんど成功していません。

新たな研究は、こうした終末映画の魅力について、実際災害が起きたときの準備をしている、という観点から分析を行っています。

この研究は、まだ論文誌への掲載などは行われていないプレプリントサーバー上だけで公開されている論文ですが、終末論映画が好きな人達にとっては、興味深い洞察を秘めています。

映画の好みとパンデミックへの対処能力

Credit:depositphotos

さすがにエイリアンやゾンビの襲来はないでしょうが、コロナウィルスの蔓延した世界を見て、あながち終末世界の映画もフィクションとは言えなくなったなあ、と感じている人は多いかもしれません。

マット・デイモン主演の2011年公開の映画「コンテイジョン」では、まるで今の状況を予見していたのではないか、と言われるくらい感染症の拡大で混乱する世界をうまく描いています。

実際この映画は、コロナウィルス蔓延後の数週間で、売上が急増しました。

そこで、今回の研究者であるシカゴ大学の心理学者Coltan Scrivner氏は、終末的な世界を描いた映画が、現実のパンデミックに対処する際に、どのように役立っているかを調べてみようと考えたのです。

Scrivner氏はインターネットで実験参加者を募り、オンライン上で調査を行うクラウドサービス「Prolific」を利用して、126人の参加者を集めて彼らの好きな映画ジャンルとコロナウィルスの騒ぎをどう感じているかなどを調査しました

すると、明らかに終末世界の映画ファンたちは、パンデミックに対処する準備が整っているという結果が得られたのです。

終末世界に向けた準備?

Credit:depositphotos

研究者によると、「良い映画だと視聴者は引き込まれて登場人物の視点に立って物語を眺めるため、意図せず描かれたシナリオで混乱する社会のリハーサルができている」と述べています。

こうした映画のファンを自称する実験参加者たちは、パンデミックが起きた際にトイレットペーパーを除き、どういった物資が不足しがちかということについて、かなり正確な知識を持っていました

また、ウィルスの蔓延した社会では人々が孤立しがちになり、他者に異常な恐怖を覚えるようになること、どういった偽情報が広まりやすかなど、危機に冷静に対処するための役立つ知識も備えていました。

映画「コンテイジョン」でも誤った奇跡の治療法が拡散されて混乱が起きるシーンが登場します。これはコロナウィルスのHIV治療薬や抗マラリア薬が特効薬になるというデマ情報と似た印象を受けます。

こうした映画に親しんだ人たちは、デマ情報が出たとき、自然と懐疑的になれる心構えができています

トランプ大統領はこうした情報に乗せられて、抗マラリア薬を確保することを推奨し後に撤回していますが、トランプ氏は終末映画はあまり親しんでいない人なのかもしれません。

また、研究ではパンデミックの混乱や自粛生活の中で、人々が感じている不安、うつ、苛立ち、不眠のレベルなどについても調査しました。

この調査においても、終末映画のファンは他の人達より精神的な苦痛が少ないという結果が得られました。

彼らは社会が崩壊することに対して精神的にも実用的にも準備ができていて、より柔軟に対処できていたのです。

Credit:depositphotos

このため、研究者は人々が終末論的な映画に惹かれる理由の1つとして、社会的な混乱を安全に体験して準備するためだという考えを示しています。

いざ目の前に非日常的な危機が迫ったとき、こうした映画に慣れ親しんでいる人は「あ、これ進研ゼミでやったやつだ」というノリで対処できるのでしょう。

映画を通して混乱した状況の予習ができているのです。

仮想世界は想像力を養う力を持っています。世界の終わりがシミュレートできている人たちは、そうでない人たちと比較したとき、代替的な経験を通して有利な位置に立つことができるのです。

この研究は、シカゴ大学の心理学者Coltan Scrivner氏により発表され、論文は現在プレプリントサーバーpsyarxiv上で公開されています。

Pandemic Practice: Horror Fans and Morbidly Curious Individuals Are More Psychologically Resilient During the COVID-19 Pandemic
10.31234/osf.io/4c7af

MRIの中でホラー映画を観せた結果、恐怖には2種類あることが判明

reference: The Guardian,sciencealert/ written by KAIN
ナゾロジーは皆さんの身近にある”素朴な疑問”を解決する科学情報メディアです。
最新の科学技術やおもしろ実験、不思議な生き物を通して、みなさんにワクワクする気持ちを感じてもらいたいと思っています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG