【不思議】錯視の大会「イリュージョン・オブ・ザ・イヤー2019」ベスト3がスゴイ

science_technology

Credit:Frank Force

錯視の大会「イリュージョン・オブ・ザ・イヤー」では、毎年世界中の専門家たちが「目の錯覚を引き起こす作品」を発表しています。

数多くの作品の中から、2019年度のベスト10が決定しました。こちらでは2019最優秀賞~3位までをご紹介します。

※長時間見つめないようにご注意ください

最優秀賞「Dual Axis Illusion」

2019年度の最優秀賞に選ばれたのは、米国のフランク・フォース氏が発表した「Dual Axis Illusion」です。直訳すると「二軸錯視」であり、水平軸と垂直軸の2つの軸による錯視を楽しめます。

Credit:Frank Force

ビデオのオブジェクトは最初から最後まで同じ動きを繰り返しています。しかし、注目するポイントによって回転方向が様々な方向へと変化しているように見えます。

例えば、それぞれ別の交差点に注目することで、回転方向が水平方向から垂直方向へ変化しているように錯覚します。

Credit:Frank Force

軸に注目すると、更なる錯覚へと陥ります。

Credit:Frank Force

時計回り?反時計回り?縦回転?

変化の連続で本当に同じ動きを見ているのか疑いたくなりますね。

第2位「Change the Color」

2位に選ばれたのは、日本、東京大学の福田玄明(はるあき)氏が発表した「Change the Color」です。タイトルの通り、「色の変化」を楽しめる作品であり、錯視によってドットの色が変化します。

Credit:福田玄明

ドットの流れは「左から右」とも「上から下」とも認識できます。ただし、認識した動きの方向によって色が変化しているように感じます。

左から右の動きに注目すると、黄色いドットが速く流れているように見えますね。

しかし上から下の動きに注目すると、赤と緑のドットが比較的ゆっくり流れているように見えるでしょう。

色の錯視は下記のyoutubeから見たほうが分かりやすいかもしれません。

第3位「The Rotating Circles Illusion」

3位に選ばれたのは、ライアン・ムルチェク氏とギデオン・ポール・カプロヴィッツ氏が発表した「The Rotating Circles Illusion」です。

タイトルのとおり「回転する円の錯視」を楽しむ作品であり、中央の円の動きが周囲の映像によって変化しているように錯覚するというもの。

もちろん、中央の円の動きは最初から最後まで変化しません。

Credit:Ryan E.B. Mruczek , Gideon Paul Caplovitz

ところが、周囲に別の円が追加されると、中央の円の動きが歪んで見えます。さらに円内の白い点に注目すると、中央の円は回転運動ではなく左右の往復運動に見えますね。

Credit:Ryan E.B. Mruczek , Gideon Paul Caplovitz

周囲の映像にはいくつかバリエーションがあり、それぞれの動きによって中央の円も異なる仕方で動いているように錯視するでしょう。

ベスト3に輝いた作品なだけあって、錯視に陥って抜け出せなくなるものばかりでしたね。

Best Illusion of The Year Contest」のサイトにはこれら以外の作品も紹介されているので、是非ご覧になってください。

ちなみに、2020年度のイリュージョン・オブ・ザ・イヤーは、2020年8月7日までに応募された作品から選出されます。今年度版も楽しみですね。

これどうなってるの? 2018年度「ベスト錯覚賞」が発表!

reference: illusionoftheyear / written by ナゾロジー編集部
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

あわせて読みたい

SHARE

TAG