animals plants

遺伝子操作でメスの蚊をオスに変えることに成功! もう蚊に刺される心配はしなくてOK? (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.16 Thursday

性転換したオスは飛べなくなる?

研究チームは、ラボ内で性転換されたオスを数匹作り出し、世代間での遺伝子の伝わり方を調べました。

その結果、性転換されたオスは、野生のメスと交配して、同じく性転換したオスの子孫を作れることが確認されています。オスの子孫は、Nix遺伝子のコピーを独自に発現しており、長い世代にわたって安定的に遺伝させていました。

つまり、性転換したオスを野生に放てば、定期的に遺伝子操作したオスを投入しなくても、ひとりでにNix遺伝子を遺伝させるオスが増えるというわけです。

1枚目の画像
Credit: pnas

一方で、大きな問題も見られました。なんと性転換したオスは、すべて飛翔能力を失っていたのです。

分析の結果、Mローカスに含まれる「ミオセックス(myo-sex)」という遺伝子が抜け落ちていました。実験で、野生のオスからミオセックス遺伝子だけを不活性化させてみると、空を飛べなくなることが判明したのです。

そこで問題解決のため、性転換したオスにミオセックス遺伝子を組み込むと、見事に飛翔能力が回復しました。

飛翔は、採餌や交配、天敵からの逃走に用いられるため、Nix遺伝子拡散のためには外せません。性転換したところで、飛べない蚊はただの蚊なのです。

性転換したオスを野生に放つには、まだ研究が必要ですが、自然や生態系への害がなければ実用化される日もそう遠くないでしょう。

研究の詳細は、7月13日付けで「PNAS」に掲載されています。

Nix alone is sufficient to convert female Aedes aegypti into fertile males and myo-sex is needed for male flight
https://www.pnas.org/content/early/2020/07/10/2001132117

ガラス質火山岩を使った”無毒”な殺虫スプレーが誕生! 蚊を物理的に撃退

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。

Google Play で手に入れよう
apple store

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!