science technology

髪を自動で切ってくれるロボットを作った結果、「予想外の髪型」に… (2/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.07.26 Sunday

ヘアカットロボットの構造

通常スタイリストは2本の指、もしくは櫛で髪の毛を分離してカットします。

1枚目の画像

ヘアカットロボットはこの動きを再現するために、3つの自動制御装置を利用しています。

指で髪の毛を挟む装置、ハサミでカットしつつ前進させる装置、髪を持ち上げるためのバキューム装置です。

2枚目の画像

また、頭全体をカットするには、ハサミが様々な角度から入れられなければいけません。ヘアカットロボットは複数の回転機構によって、それを可能にしています。

3枚目の画像

加えてロボットには物理センサーが備わっており、スイッチが頭に当たることで頭の位置を把握できます。

では、髪型はどのように決まるのでしょうか?

こちらもショーン氏があらかじめ作成したプログラムによって決まります。

4枚目の画像

一見、坊主頭のように見えますが、モニター画像の明るい部分が長くカットされ、暗い部分が短くカットされるようになっています。

加えて、前髪と耳の周りの角度を指定することで、細かい髪型を設定できるのです。

次ページヘアカットの第一被験者は開発者

<

1

2

3

>

サイエンス&テクノロジーのニュースscience technology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!