髪を自動で切ってくれるロボットを作った結果、「予想外の髪型」に…

science_technology

Credit:Stuff Made Here
point
  • ハサミを使って自動で髪を切ってくれるヘアカットロボットが開発される
  • 初のヘアカット対象となった開発者はマレットヘアーにされてしまう
  • 開発者によると、満足度は10点中2点

私たちには定期的なヘアカットが欠かせませんが、新型コロナウイルスの影響がそれを難しくしています。

家族にカットしてもらう人やセルフカットにチャレンジする人が増えている中で、自宅にヘアカットロボットを作成する猛者が表れました。

Youtubeチャンネル「Stuff Made Here」のシェーン氏は自動で髪を切ってくれるロボットを作成し、初めての実験対象となったのです。

果たして彼のカットは無事終了するのでしょうか?

なお、過激なシーンはありませんのでご安心ください。

自動ヘアカットロボット

Credit:Stuff Made Here

コロナ禍にあって、「1日に何人もの頭を触ったスタイリストに、自分の頭を触ってほしくない」と感じる人もいることでしょう。

シェーン氏もその1人であり、感染を避けるために自宅でロボットに髪を切ってもらうことを思いついたそうです。

最近では、セルフカットや家族にカットしてもらうための簡単なバリカンやトリマーが販売されています。それらには保護カバーが付いており素人でも安心してヘアカットできるものです。

シェーン氏が作ったロボットもそのようなトリマーが使用されているかと思いきや、そうではありません。本物のスタイリストのようにハサミを使ってカットするのです。

ヘアカットロボットの構造

通常スタイリストは2本の指、もしくは櫛で髪の毛を分離してカットします。

ヘアカットロボットはこの動きを再現するために、3つの自動制御装置を利用しています。

指で髪の毛を挟む装置、ハサミでカットしつつ前進させる装置、髪を持ち上げるためのバキューム装置です。

また、頭全体をカットするには、ハサミが様々な角度から入れられなければいけません。ヘアカットロボットは複数の回転機構によって、それを可能にしています。

加えてロボットには物理センサーが備わっており、スイッチが頭に当たることで頭の位置を把握できます。

では、髪型はどのように決まるのでしょうか?

こちらもショーン氏があらかじめ作成したプログラムによって決まります。

一見、坊主頭のように見えますが、モニター画像の明るい部分が長くカットされ、暗い部分が短くカットされるようになっています。

加えて、前髪と耳の周りの角度を指定することで、細かい髪型を設定できるのです。

ヘアカットの第一被験者は開発者

試行錯誤の末、ヘアカットロボットは完成しました。ようやくヘアカット開始です。第一被験者はもちろん開発者であるシェーン氏。

彼の表情から分かるように、彼自身、自分の発明品を信頼できていないようです。

ヘアカットが続く中、彼の表情からは不安しか感じられません。近くで刃物が動いているのですから当然でしょう。

無事、ヘアカットは終了しました。ひとまず、彼の頭に傷が無いことに安堵できますね。

さて、彼の感想はというと、10点中2点とのこと。

トップとサイドはよくカットできていますが、予想外に襟足が非常に長くなってしまいましたまるで1980年代に欧米で流行したマレットヘアーのようです。

結局、シェーン氏は後で奥さんにカットしなおしてもらうことになってしまったとか。

しかし、彼女はトップの髪には全く触れておらず、シェーン氏によると「ヘアカットロボットも全体的に考えると悪くはない」とのこと。

はじめから奥さんにカットしてもらえばよかったのでは…

シェーン氏は今回の成果にある程度満足しており、今後「グレードアップさせるかもしれない」と述べています。

彼の発明は刺激的で興味をそそるものですが、彼の動画を見た誰もが「ヘアカットはスタイリストにお願いしよう」と考えたことでしょう。

reference: mikeshouts / written by ナゾロジー編集部

「第3の腕」として使えるロボットアームが開発中! 壁もぶち抜く破壊力がスゴイ

あわせて読みたい

SHARE

TAG