人間の3000倍の細胞を持つシロナガスクジラはがんにほとんどならない
人間の3000倍の細胞を持つシロナガスクジラはがんにほとんどならない / Credit:Depositphotos
animals plants

巨大なクジラはがんにならない!? 未解決問題「ピートのパラドックス」が起こる理由とは

2020.12.02 Wednesday
Kurzgesagt https://www.youtube.com/watch?v=1AElONvi9WQ

ヒトであってもクジラであっても生物の細胞サイズには大きな違いがありません。

そのためシロナガスクジラやゾウなどの大型動物は、ネズミなどの小型動物に比べてはるかに多くの細胞を持っています。

がんは細胞のエラーなので、「細胞数の多い大型動物の方が、がんになる確率が高いのでは?」と思われるでしょう。

しかし実のところ、どの動物もサイズに関わらず、がんになる確率はほぼ変わらないのです。

この生物学的な矛盾は「ピートのパラドックス」と呼ばれており、完全な答えは未だに提出されていません。

ただし科学の進歩によって判明してきた部分もあり、今回はそれらに基づいたいくつかの仮説を紹介したいと思います!

がんは細胞の数に比例しない!? 「ピートのパラドックス」とは

最初にがんが生じるメカニズムについて簡単に説明します。

私たちの細胞は、いわばタンパク質のロボットであり、数億の部品(タンパク質)から成り立っています。これらは様々な化学反応を引き起こし、自分と同じコピーを作成することも可能です。

細胞内では化学反応が絶えず起こっており、その反応は何年にも渡り、何十億回、何十兆回と繰り返されています。

当然、その中では小さなエラーが生じることもあります。

通常、問題を引き起こす細胞は免疫機能によってすぐに削除されるのですが、この消去も見落とされることがあるのです。

細胞のエラーでがんが発生するなら、細胞数が多いほど発がん率も上昇するはず
細胞のエラーでがんが発生するなら、細胞数が多いほど発がん率も上昇するはず / Credit:Depositphotos

エラーを起こした細胞つまりがん細胞は、身体からの命令を無視して増え続け、周囲に悪影響を及ぼします。

このがんのメカニズムを考えると、がんの発生は確率論で表現できるはずです。

さて、細胞のサイズは動物間で大きな違いはありません。ほとんどの哺乳類の細胞サイズは10~100マイクロメートルの間に収まっているのです。

もちろん身体のサイズは動物によって大きく異なります。

つまり、身体が大きければ大きいほど、たくさんの細胞を持っており、その中からがん細胞が生まれる確率も高くなると考えるでしょう。

しかし、現実はそうではありません。

人間はマウスより50年以上長生きし、1000倍の細胞を持ちますが、がんになる割合は同じなのです。

シロナガスクジラは人間の3000倍もの細胞を持つ
シロナガスクジラは人間の3000倍もの細胞を持つ / Credit:Kurzgesagt

さらに100年以上生き、人間の3000倍の細胞をもつシロナガスクジラはむしろ、がんになることがほとんどありません。

大型動物は本来予想されるよりも、はるかにがんになる確率が小さかったのです。

1977年、統計学者かつ疫学者であるリチャード・ピート氏はこの点を指摘し、この問題は「ピートのパラドックス」と名付けられました。

その原因はどこにあるのでしょうか?

次ページ大型動物は多くの腫瘍抑制遺伝子を持っている

<

1

2

3

4

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!