人間の3000倍の細胞を持つシロナガスクジラはがんにほとんどならない
人間の3000倍の細胞を持つシロナガスクジラはがんにほとんどならない / Credit:Depositphotos
animals plants

巨大なクジラはがんにならない!? 未解決問題「ピートのパラドックス」が起こる理由とは (3/4)

2021.01.27 Wednesday

2020.12.02 Wednesday

Kurzgesagt https://www.youtube.com/watch?v=1AElONvi9WQ

細胞分裂スピードの違い

また2014年に発表されたセバスチャン・マシアック氏による論文では、細胞の分裂速度に焦点が当てられています。

その論文によると、細胞サイズが大きいとその分細胞分裂が遅くなり、結果としてがん細胞が発生する確率も低下するとのこと。

加えて大型動物は一般的に基礎代謝率が低く、ゆっくりと細胞を分裂させるようです。

これら細胞分裂速度に関する要素が組み合わさることで、細胞の数が多くとも発がん率を低下させることができるというのです。

次ページ「がん」を殺す「がん」!?ハイパー腫瘍とは?

<

1

2

3

4

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!