40年前に「絶滅した青いチョウ」の再繁殖に成功!イギリスで完全復活する

animals_plants

40年ぶりにイギリスに帰ってきた「アリオンゴマシジミ」/Credit: cnn

青い翅に空色のふわふわした身体が目を惹く「アリオンゴマシジミ(large blue butterfly)」は、絶滅危惧種に指定されているチョウです。

世界的にも数が減少しており、イギリスでは、約40年前の1979年に絶滅宣言が出されています。

しかしこの度、数年にわたるプロジェクトの末、イギリス国内でアリオンゴマシジミのコロニーを再繁殖させることに成功しました。

アリオンゴマシジミが国内の特定域に定着するのは、過去150年間で初めてのことです。

プロジェクトには、ナショナルトラスト、ロンドン王立昆虫学会、ナチュラル・イングランドなど複数の保護団体が参加しています。

繁殖地の下準備に5年!

青い翅が鮮やかな「アリオンゴマシジミ」/Credit: cnn

イギリス国内での再繁殖は、他国からアリオンゴマシジミを持ち込めば済むというような単純な話ではありません。

持続的なコロニーを作るには、適切な環境をつくる必要があります。

特に、アリオンゴマシジミの生育環境はとても変わっており、研究チームは実に5年の歳月をかけて準備しました。

繁殖場所には、イングランド南西部・グロスタシャーにある自然保護区「ロッドボロー・コモン」が選ばれています。この場所は、ナショナルトラストの保有地であり、867エーカー(1エーカー=1200坪)の広さを誇ります。

そして、環境づくり最大の鍵は、ロッドボロー・コモンにいる「クシケアリ」の数を増やすことでした。

アリを騙して巧みに成長

アリオンゴマシジミを含むすべてのゴマシジミ属は、成長にクシケアリの働きが欠かせません。

まず、卵から生まれたゴマシジミの幼虫は、特定の草を食べて成長していきます。ところが、幼虫期が終わりに差し掛かると草食をやめて、クシケアリによく似た匂いを分泌し始めます。

地面に横たわる幼虫を見つけたアリは、自分たちの子どもと勘違いして巣内に持ち帰るのです。

クシケアリの幼虫を食べる「オオゴマシジミ」の幼虫/Credit: 大阪府立大学

まんまと侵入に成功した幼虫は、草食から肉食に変貌し、クシケアリの幼虫やサナギを食べてしまいます。

その後、秋と冬にかけてサナギに成長したゴマシジミは、翌年の夏、「実はチョウでした」とばかりに成虫となって登場するのです。

750匹の成虫の繁殖に成功!

「アリオンゴマシジミ」のカップル/Credit: cnn

つまり、アリオンゴマシジミを繁殖させるには、クシケアリが豊富にいなければなりません。

そこで研究チームは、ウシの放牧によって、ロッドボロー・コモンに生息するクシケアリの数を増やしました。ウシが草を食べることで草原の高さが低く保たれ、太陽光が地面によく当たり、クシケアリが繁殖しやすい暖かな土壌ができるのです。

これとは別に、アリオンゴマシジミの産卵場所や幼虫時の食料ともなるタチジャコウソウやマージョラムといった植物も増やしました。この下準備に5年という月日がかかっています。

そして昨年8月、スウェーデンから約1100匹のアリオンゴマシジミの幼虫を取り寄せ、ロッドボロー・コモンに解き放ちました。

それから1年後の今夏、フィールド調査により、約750匹のアリオンゴマシジミの成虫が確認できたのです。これは持続的なコロニーに十分な数であり、アリオンゴマシジミのコロニーが完全復活したことを意味します。

同チームのリチャード・エバンス氏は「今回の成功は、丁寧な環境づくりの賜物であり、専門家たちの長年の研究成果によるところが大きい」と話しました。

アリオンゴマシジミには、二度といなくならないよう、新天地で豊かな生活を送ってもらいたいですね。

黒蝶の翅は99.9%光を吸収する超吸収ナノ構造を持っていると判明

reference: cnn / written by くらのすけ
あわせて読みたい

SHARE

TAG