ワキガ臭がするのは1種類の「汗を食べる細菌」のせいだと判明!効果的な制汗剤が作られる?

fungi

ワキガの元凶がたった1種類の細菌のせいだとわかりました。

この原因となる細菌は特殊な酵素を使って、人間の汗を食べ、その排泄物として強烈な刺激臭(チオアルコール)を生産していたのです。

原因菌と臭いの生産過程が明らかになったことで、ワキガをはじめとした体臭を効果的に防ぐデオドラント(制汗剤)の開発が進むと期待されます。

しかし、どうして今まで原因となる悪臭生産菌がみつからなかったのでしょうか?

そしてなぜ私たちは、進化の過程で悪臭を捨てられなかったのでしょう。そのナゾを深堀りしていきます。

人間の汗には悪臭物質そのものは含まれていない

ワキガ臭の主成分であるチオアルコールは分子内に硫黄を含んでいる/Credit:wikipedia

これまで体臭の主成分は、本人の汗に含まれる物質が根本的な原因であると思われていました。

すなわち、臭いのは本人そのものが臭いから…とする説です。

しかし近年になって、悪臭の主成分であるチオアルコールが、人間の発する汗そのものには含まれていなかったことが判明しました

つまり、悪臭は人間の皮膚の内部から汗として発せられているのではなく、皮膚の外に存在する「何者か」が作り出していたのです。

犯人の候補として最初にあがったのは、皮膚の上に住んでいる菌たち…その中でも支配的な数を誇る常在菌でした。

しかし意外なことに、これら支配的な常在菌からは、チオアルコールを生産する能力がみつからなかったのです。

そのため、ワキガと体臭の原因菌探索は行き詰ってしまいます。

ワキガの悪臭を作っていたのは、数の少ないマイナーな菌だった

常在菌の中でもマイナーな菌がワキガ臭を作っていた/Credit:wikipedia

しかし今回、ヨーク大学のミシェル・ラデン氏らは発想の転換を行いました。

チオアルコールは僅かな量でも強烈な刺激臭(ワキガ臭)がします

ということは、原因菌を皮膚上における支配的な種に限らなくてもいいのではないか? と考えを改め、幅広い種を調べることにしました。

結果、ラデン氏の直感は大当たりします。

常在菌の中でもマイナーな「Staphylococcus hominis」と呼ばれるブドウ球菌ただ1種のみが、チオアルコール(臭気)を生産していた事実を発見したのです。

これまでの予想では、ワキガや体臭の原因菌は複数存在すると考えられてきましたが、結果は意外にも「単独犯」(しかもマイナー種)だったのです。

臭いの発生メカニズム

原因菌はたった一つの酵素で汗を悪臭に変えていた/Credit:Scientific Reports

原因菌が特定されると、ラデン氏らは次にチオアルコールの生成メカニズムを調べました。

結果、人間のワキや陰部などの毛穴に存在する、汗腺(アポクリン腺)から分泌される無臭の物質(Cys-Gly-3M3SH)を、原因菌が特殊な酵素(ShPatB)を使って分解し、チオアルコールを生産していることがわかりました。

そこでラデン氏らはこの特殊な酵素の遺伝子を切り取って、他の体臭とは無関係なブドウ球菌に組み込む実験を行いました。

もし酵素を組み込まれた無関係な菌からもチオアルコールが生産されれば、悪臭の原因を1種類の菌の、1種類の酵素活性経路という極めて狭い範囲にまで限定することができます。

実験を行った結果、予想は的中し、酵素遺伝子を組み込まれた菌も汗からチオアルコールを生産するようになりました。

人類を長年悩ませてきたワキガや体臭は、たった1種類のマイナーな常在菌がもつ、たった1つの酵素が原因だったのです。

つまり、臭いを消すには肌に負担の大きい強烈な滅菌や分厚いコーディングではなく、原因菌(Staphylococcus hominis)の持つ特殊な酵素機能をブロックする薬を作ればいいことが分かりました。

人間の臭いの起源

悪臭を生産する菌類の起源は霊長類が誕生した6000万年前(白亜紀の直後)までさかのぼる/Credit:Scientific Reports

今回の研究は、ワキガや体臭に悩む人々にとっては間違いなく朗報となるでしょう。

現実的な成果としては十分かと思われますが、ラデン氏らはもう一歩深く謎に踏み込みました。

すなわち、臭いは「いつ」から、そして「なぜ」存在するのか? という疑問です。

人類が誕生してからほとんどの期間、狩猟によって得られる肉は重要な食料源でした。

ですが臭いは、狩猟を行う上で最悪のマイナス要因となるだけでなく、ヒトより巨大な肉食獣にとっては自分たちの場所を知らせる目印にもなってしまいます

謎を解明するために、ラデン氏らは原因菌の遺伝子を分析し、臭いの起源を探りました。

結果、悪臭生産を行うブドウ球菌は、私たちが初期の霊長類であった6000万年前から存在していたことが判明します

つまり私たちは人間に進化するより遥か前の原始的なサルであった頃から、悪臭生産菌と共に生活し、人類になった以降も悪臭生産菌との共存を続けていたのです。

このような長期の共存生活は、互いに何らかの利益がある共存共栄の関係がなければ維持できません。

しかし狩猟の効率を下げ、天敵にみつかりやすくする悪臭に、いったいどんな進化上の利点があったのでしょうか?

なぜ私たちは臭いのか

狩猟にも天敵からの逃走にも不利な悪臭をなぜ私たちは祖先から受け継ぎ持ち続けているのだろうか?/Credit:depositphotos

狩猟や天敵からの防御にとって明らかに不利となる強烈な悪臭がなぜ6000万年も維持されてきたのか…。

今回の研究では、答えに繋がる僅かなヒントも得られました。

ワキ・性器・乳輪部分におけるアポクリン腺が主に活動を始めるのは、第二次性徴がはじまる思春期です。

人類は子供の頃は無臭でも、性的に成熟すると臭いを発するようなのです。

この事実は謎に対する大きなヒントになります。

つまり、現在では悪臭とされている匂いが、性的アピールや性的魅力を高めるために使われていた…あるいは現在でも何らかの形で使われている可能性を示唆します。

体臭を完全に遮断することは、気付かないうちに人類の進化方向にも影響を与える可能性があるかもしれません。

 

研究内容はイギリス、ヨーク大学のミシェル・ラデン氏らによってまとめられ7月27日に学術雑誌「SCIENTIFIC REPORTS」に掲載されました。

The molecular basis of thioalcohol production in human body odour
https://www.nature.com/articles/s41598-020-68860-z

 

reference: theguardian / written by katsu
あわせて読みたい

SHARE

TAG