animals plants

最強生物「クマムシ」は、DNAに電気シールドを張って放射線を遮断すると判明 (3/3)

2021.01.27 Wednesday

2020.08.25 Tuesday

前ページクマムシの特殊なタンパク質(Dsup)はDNAに「電気シールド」を提供する

<

1

2

3

>

なぜクマムシはそこまでの耐性を持つのか?

1枚目の画像
なぜクマムシは高い耐性を持つ必要があったのだろうか?/Credit:depositphotos

本研究により、DsupがDNAと非特異的に結合し、DNAを放射線や活性酸素のダメージから守るために、構造的なサポートだけでなく、電気的なシールドを提供していたことが示唆されました。

Dsupは日焼け止めのようにDNAを保護し、クマムシの不死性を高めていたのです。

しかしながら、クマムシの生存能力は地球で生活するにあたって、オーバースペックと言えます。

普通の地球上の多細胞生物にとって、宇宙空間で10日間以上で生き延びる能力は不要です。

同様に宇宙放射線への耐性や絶対零度から150℃を超える幅広い温度で生き延びる能力も余剰でしょう。

これらの能力が脱水状態に対する耐性を高めていった結果として得られた副産物なのか……あるいはかつてクマムシはこれらのスペックが要求される環境に晒された可能性も考えられます。

その環境は真空であり、強烈な放射線が飛び交い、絶対零度と水沸点を超える温度だったのかもしれません。

一般に、そのような環境は安定した大気の存在する地球ではなく、宇宙に存在します。

クマムシが宇宙で進化したかどうかはわかりませんが、いずれにしても、有り余るスペックの出所は今後も探求の対象になるでしょう。

 

研究内容はスペイン、植物バイオテクノロジーおよびゲノミクスセンターのMarina Mínguez-Toral氏らによってまとめられ、8月7日に学術雑誌「SCIENTIFIC REPORTS」に掲載されました。

A computational structural study on the DNA-protecting role of the tardigrade-unique Dsup protein
https://www.nature.com/articles/s41598-020-70431-1

クマムシを乗せた探査機が月に墜落! まさか月面で繁殖…?

クマムシのDNAを人に組み込む計画が進行中

【編集注 2020.08.25 15:45】
記事内容に一部誤字があったため、修正して再送しております。
reference: newscientist / written by katsu

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!