「1日4杯のコーヒー」は肝がんによる死亡リスクを70%少なくすると判明

health

credit: コーヒーは万病に効くかもしれない/Credit:ナゾロジー
reference: medicalxpress

この研究はオーストラリア、オースティン病院のPaul Gow氏らによってまとめられ、8月14日にジャーナル「Alimentary Pharmacology and Therapeutics」に掲載されています。

Estimates of the global reduction in liver disease‐related mortality with increased coffee consumption: an analysis of the Global Burden of Disease Dataset
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/apt.16020

近年の研究により、コーヒーを飲むことで多くの健康効果を得られることが示されています。

コーヒーを飲むことで脳卒中・心臓病による死亡リスクを低減させるだけでなく、肥満の解消、糖尿病の予防、胆石のリスク低下など多くの健康効果が得られると知られています。

そして今回、オーストラリアの研究者たちによって、コーヒーと肝臓病の関係が調べられました。

結果はコーヒーの健康効果をさらに増やすものになったとのこと。

かつてデカフェの名のもとにコーヒーを飲まないほうが健康にいいと言われていた時代は過ぎ去ろうとしているのかもしれません。

1日4杯のでの死亡リスクを下げる

4杯のの死亡リスクを大幅に下げる/Credit:depositphotos

に効くかもしれないという報告は、日本の研究をはじめいくつかなされていました。

そこでオースティン病院に勤めるPaul Gow氏らをはじめとした研究者たちは、の摂取とにかかわる16万人のコホートデータ(白人25%、アフリカ系アメリカ人16%、アジア人30%、先住民7%、ヒスパニック系22%)を分析しました。

その結果、1日に2〜3杯のを飲むと、人が病気を発症するリスクを38%、病気で亡くなるリスクを46%減らすことができると判明

さらに1日あたりの消費量を4杯以上にすると、リスクが41%減少し、死亡する可能性が71%少なくなることがわかりました。

しかし、いったいどのようにして、による死者を減らしていたのでしょうか?

は脂肪肝から肝硬変への変化を妨害する

正常肝➡脂肪肝➡脂肪肝炎➡肝硬変➡➡死亡と変化していくなかで、は脂肪肝と脂肪肝炎になりにくくする/Credit:しもやま内科

を減らす第一の理由として考えられるのは、に多く含まれている、クロロゲン酸をはじめとする多数の抗酸化物質です。

マウスを用いた実験では、これらのが肝臓のがん化を抑制する方向に働いていることが示されました。

第二の理由としては、の持つ抗肥満作用と糖尿病中和作用があげられます。

にはインスリンに対する細胞の感受性を高められることが知られており、を多く摂取することで、脂肪肝が解消され、肝臓の再生能力が回復し、肝硬変になりにくくなります。

第三の理由としては、には炎症をやわらげる効果があり、肝臓の炎症(損傷)を抑制し、肝硬変を予防することで、結果的ににかかりにくくなるとするものです。

つまりは、上の図において、脂肪肝や脂肪肝炎になりにくくしたり、に進むのを妨害することで効果を発揮していたと考えられます。

そしての起こりにくさは、最終的な死亡率の低下に直結するでしょう。

日本の研究では1日5杯の発生率を4分の1にするとの結果が出た/Credit:国立がん研究センター

日本で行われた別の研究(こちらは日本人が対象)でも、1日5杯の摂取がによる死亡リスクを4分の1にするとの結果が出されています。

ただし、5杯より多く飲めば飲むほど死亡リスクが減るかどうかは現状では分からないとのこと。カフェインの取り過ぎによる影響も考えなくてはならないでしょう。

またこちらの研究では、緑茶では効果がなくだけで効果がみとめられることが述べられています。

死亡リスクを下げている原因はカフェインではなく、だけに含まれているフェノールやであるようです。

肝臓に自信がないならを飲もう

ヨーロッパでは既にを1日4杯飲んでいるために効果が薄いが、日本では効果は大きくなると考えられる/Credit:Alimentary Pharmacology and Therapeutics

以上の結果から、の摂取にはになりくくなる効果があると示唆されました。

そのため研究では、は簡単かつ安全にアクセス可能な公衆衛生を向上させる要因になると結論づけています。

また今回の研究では、2016年にで亡くなった120万人が毎日を飲んでいた場合に起こる変化も示されました。

120万人が毎日2杯飲んだ場合、死者は45万人減少し、1日に4杯飲んでいた場合、72万人の死者を減らす効果があったとのこと。

さらに改善効果は特に、を飲む習慣が少ないアジアやアフリカで特に大きくなると可能性があります。

これから毎日4,5杯のを飲んでみるのもいいかもしれませんね。

あわせて読みたい

SHARE

TAG