最高気温80℃の”地球一暑い砂漠”で、新種の「純白の甲殻類」が発見される

animals_plants

Credit: M. Pallmann SMNS / Pallmann

 

reference: scitechdaily

地球上で最も暑い場所として有名なイラン東部の「ルート砂漠」で、甲殻類の新種が発見されました。

8月5日付けで『Zoology in the Middle East』に掲載された報告によると、この生物は、これまでにわずか4種しか知られていない「Phallocryptus属」に分類される淡水生物とのこと。

しかし、雨もほとんど降らないルート砂漠で、どのように生き延びているのでしょうか。

研究は、シュツットガルト州立自然史博物館(独)、テヘラン大学(イラン)により報告されています。

乾燥状態で数十年も生きられる

新種生物が見つかったのは2017年のこと。研究チームが、ルート砂漠の生態調査をしていた際、砂漠南部に位置する季節性の小さな湖で発見されました。

新たに学名が「Phallocryptus fahimii」と命名されましたが、これは発見者の一人であり、2018年の飛行機事故で亡くなったの生物学者ハディ・ヒミ(Hadi Fahimi)氏から取られています。

Credit: tandfonline

研究チームのホセイン・ラジャエイ博士は「こうした過酷な環境下での生態調査では、特に水場に注意して生物を探します。しかし、暑く乾燥したルート砂漠でが見つかったことは本当にセンセーショナルでした」と話します。

調査の結果、この生物は、干上がった土壌の中で何十年も生き延びることができ、水場が回復する雨季に孵化していることが分かりました。

過去にもオーストラリアで砂漠環境適応した類似のが見つかっていますが、世界一過酷なルート砂漠に適応した点で、非常に特異であるようです。

ルート砂漠の最高気温は80℃超え!?

スイスよりも広い面積を持つルート砂漠は、現時点で、過去最高の地表温度を記録しています。

NASAによる2006年の衛星測定で、地表温度70.7℃が報告されましたが、最近になって80.3℃に塗り替えられました。

異常な高温の原因は、ルート砂漠に広く見られる黒い玄武岩です。これが熱を吸収し、地表温度を高めています。

新種生物が見つかった一時的な湖/Credit: tandfonline

夏場の平均気温は50.4℃に達し、年間降水量が30mmを超えることはありません。

雨が降ると一時的な水源ができるものの、雨季が終わればまたすぐに枯渇します。が恒久的に生きられる環境も存在しません。

そのため、この新種生物が過酷なルート砂漠に適応できた秘密を調査する必要があります。

どうやらこの生物は、「お熱いのがお好き」なようですね。

あわせて読みたい

SHARE

TAG