「植物の変化」から”森に隠された死体”を発見する研究

plants

Credit:depositphotos

reference: sciencealert

たまに山林に埋められていた死体が散策していた人に偶然発見された、というニュースを見かけることがあります。

それを聞いて、この手の事件って見つかってないだけでたくさんあるんじゃない? と嫌な想像が働く人は多いでしょう。

実際、森の中に死体を隠されてしまうと捜索して発見することは非常に困難になります。

今回、そんな問題を解決するための研究が、植物に関する科学雑誌『Trends in Plant Science』に9月3日付けで発表されました。

なんで植物の科学雑誌? と思う人もいるかもしれません。森に隠された死体を見つける研究をしたのは、科学捜査のプロフェッショナルではなく、植物学者だったのです。

テネシー州 死体農場の見学

今回の研究チームの1人、テネシー大学の研究者ニール・スチュワート(英: Neil Stewart)教授は、死体よりジャガイモを扱うことに慣れた植物学者です。

テネシー大学には法医学研究のために、さまざまな環境条件で起きる死体の腐敗を観察する有名な施設「死体農場(英: body farm)」があります。

この画像はイメージです。/Credit:depositphotos

スチュワート教授はここを見学したとき、あまりにもグロいので少し遺体から視線をそらして近くの低木を見つめていました。そのとき、彼はひらめいたといいます。

ここで育つ植物は、人間の分解された成分に影響されて他とは異なる特徴を示すのではないだろうか?

それが植物学者でありながら、彼を犯罪捜査の研究へ引き込んだきっかけになりました。

人間が地面の上や内部で腐敗すると、自然の分解サイクルに組み込まれて、周囲の土壌に微生物化学物質を供給することになります。

これらの栄養素は、近くの植物に吸収され植物の外観を変える可能性があるのです。

ドローンや衛星写真から死体を発見

もっとも明白なのは死体が腐敗した場合、大量の窒素が土壌中へ放出されるということです。これは特に夏の場合、人間の分解が数週間で進むため顕著になると考えられます。

植物がどれだけ早く大量の窒素の流入に反応するかにもよりますが、これは植物の葉のや反射率に変化を起こす可能性があるとのこと。

研究チームの見解では、死体が埋められた3メートル四方の土壌には、通常の50倍の窒素が供給されると推定しています。

窒素は、植物の葉に含まれる光合成に必要なクロロフィルの増加に関連しています。クロロフィルは緑色の植物色素なので、窒素の増加は植物を鮮やかな緑色に変える可能性があるのです。

研究チームは、この植物に起きる変化を解析できれば、ドローンや衛星写真による捜索で、森に隠された死体を発見できる可能性を語っています。

ドローンを使った遺体検出モデル。/C. Neal Stewart Jr
et al.,Trends in Plant Science

これはあくまで仮説段階の話です。しかし以前の研究では、人間の死体は植物の成長に必要な18種の栄養素のうち、17種を提供できると示唆されています。

これらに関連する変化を遠くからの観察で検出できるようになれば、遺体捜索の重要な手がかりになるでしょう。

ただこのアイデアを適用するためには、さらに多くの調査研究を死体農場で行う必要があります。

人間と動物は見分けられるのか?

Credit:depositphotos

この研究アイデアで最大の課題となるのが、人間の遺体と他の大型の動物の遺体を見分ける方法です。

森で動物が死に分解されるのは自然の中では当然のことです。これらと見分けがつかなければ、今回の遺体捜索方法は実用的とは言えません。

この問題は、現代人が身体に蓄積している医薬品や食品保存料が役立つ可能性があるといいます。

コンビニ飯ばかり食べていた若者はアパートで孤独死しても、食品保存料の影響で死体が腐らない、なんて都市伝説がありますが、遺体が森で分解された場合、こうした化学物質の影響が植物に現れる可能性があるとのこと。

もし行方不明者を捜索している場合、その人物についてヘビースモーカーであるとか、何らかの医薬品を服用している、などの事前情報があればより化学的な検出が容易になると考えられるのです。

カドミウムはタバコを吸う人に高濃度で見つかる化学物質ですが、植物にも容易に取り込まれクロロフィルを含む細胞に影響を与えることがわかっています。

こうした変化は動物の死骸から栄養を得た植物では見られないものになるでしょう。

また植物の葉の細胞壁は、強い蛍光を発するリグニンで構成されています。

リグニンは根を介して吸収されたアミノ酸から作られるため、人間の遺体由来のアミノ酸は、葉の蛍光を介して検出できる可能性が考えらるとのこと。

この研究はまだ実現された技術ではありませんが、研究者は近い将来森を見渡すだけで、そこに隠された死体を発見できる捜査方法が確立されるだろう、と語っています。

あわせて読みたい

SHARE

TAG