画像
Credit:qwake.tech
technology

“拡張現実”を使って火災救助をサポートする「AR消防士用マスク」が開発中 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.09.14 Monday

前ページ従来の消防士用マスクとAR(拡張現実)

<

1

2

>

AR(拡張現実)で救助を容易にする「C-THRU」

画像
Credit:qwake.tech , ナゾロジー編集部

現在作成中の消防士用マスクC-THRUには高速赤外線カメラとARを組み合わせた小型装置が組み込まれています。

画像
Credit:qwake.tech

このマスクは人間には分からない微妙な明かりの変化を検出でき、その情報をコンピュータに送ります。その後情報は消防士をフォローする付加視覚情報へと変換されるのです。

そして消防士の目には透明なゴーグルが装着されており、ここに拡張情報が映し出されるようになっています。この過程は瞬時に行われるため、消防士たちはリアルタイムで拡張現実の世界を体感できるでしょう。

画像
Credit:qwake.tech

通常、このようなカメラは赤外線などで得られた情報をそのまま映し出すだけですが、C-THRUはコンピュータによって分かりやすく構築された必要情報のみを現実に付け加えることができるのです。

実際に消防士たちが体感する視野を確認してみましょう。

画像
Credit:Sam Cossman

通常の状態では煙によって全く前方が把握できませんが、C-THRUを用いると緑色のフレームが付加されています。

また熱を感知する機能もあるため、露出した人間の肌は赤く映し出されます。

画像
Credit:The Henry Ford

これにより建物の構造や、机の下にうずくまっている子供の位置を容易に把握できるでしょう。

画像
Credit:qwake.tech

C-THRUが現場で利用されるなら、円滑な救助が可能になり生存率は大きく向上するはずです。また勇敢な消防士たちの命を保護するものともなるでしょう。

現在、コスマン氏は「C-THRUを18カ月以内に消防機関に配布したい」と考えています。

<

1

2

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!