“琥珀から見つかった9900万年前のナゾの甲虫”の正体が3D復元により暴かれる! 日本のコメツキムシの祖先の可能性(ミャンマー)

琥珀に保存された9900万年前の昆虫をデジタル状で再構築
琥珀に保存された9900万年前の昆虫をデジタル状で再構築 / Credit: D. Peris & R. Kundrata et al
reference: scitechdaily

昨年1月、ミャンマーで採取された琥珀中に、約9900万年前の甲虫の化石が発見されました。

甲虫は新種として記録されましたが、形態的に不明な点が多く、正体が謎であるとして「ミステリオモルフィデ」と命名されています。

しかし今回、ドイツ・ボン大学とチェコ・パラツキー大学の研究チームは、琥珀中の標本をCTスキャンにより3D上で再構築し、形態分類や進化史を明らかにしました。

10月8日付けで『Scientific Reports』に掲載された報告では、日本にも豊富に見られる「コメツキムシ」に最も近いと指摘されています。

死んだフリが得意な「コメツキムシ」の祖先か?

ミステリオモルフィデを閉じ込めた琥珀は、ミャンマー北部のカチン州で発見されました。

その後の調査で、本種は約1億4500万〜6600万年前の白亜紀に生息したと推定されています。

採取された標本は保存状態が非常に良好であり、CTスキャンでの3D復元に必要な条件を満たしていました。

標本の状態が良いほど、細かな特徴や生殖器のように内部に隠された部位まで調べ上げることができます。

保存状態がかなり良い
保存状態がかなり良い / Credit: nature

結果、ミステリオモルフィデは形態分類的に、現生するコメツキムシ科に最も近縁であることが特定されました。

頭部、胸部、腹部の構造に類似点が多く、コメツキムシの古い祖先である可能性も指摘されています。

コメツキムシは、天敵に見つかると死んだフリをすることで有名ですが、ミステリオモルフィデも同じ習性を持っていたかもしれません。

死んだフリをする「コメツキムシ」
死んだフリをする「コメツキムシ」 / Credit: ja.wikipedia

環境の激変で絶滅した?

同チームは形態分類とは別に、ミステリオモルフィデの進化史を調べました。

これまでの研究では、長い生物史の中で、甲虫の絶滅率は比較的低いことが指摘されています。

ところが、採取された複数の標本を分析したところ、ミステリオモルフィデは白亜紀の終わりまで生き残れなかったという結論が出ました。

3D復元された「ミステリオモルフィデ」の頭部
3D復元された「ミステリオモルフィデ」の頭部 / Credit: nature

その背景には、白亜紀に起こった環境の変化が関係していると見られます。

白亜紀には、それまで世界中に広がっていた「裸子植物」に代わって、花を咲かせる「被子植物」が急速に繁栄しました。その変化は、受粉媒介者のような新たな昆虫の繁殖に火をつけましたが、対照的に適応できなかった生物は次々と姿を消していったのです。

その中に、ミステリオモルフィデも含まれていたのでしょう。

さらに、同時期に激増した哺乳類や鳥類も、ミステリオモルフィデを捕食対象にして、個体数の減少を加速させたと思われます。

それでも、数千万年前という太古の昔に絶滅した昆虫をこうして見られるのは大変貴重なことです。

まさに琥珀は、過去を保存する”タイムカプセル”と言えるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG