47都道府県と中国・北京の漢民族を対象とした「クラスター分析」
47都道府県と中国・北京の漢民族を対象とした「クラスター分析」 / Credit: 東京大学大学院 理学系研究科
biology

日本人の遺伝子を「47都道府県レベル」で初めて解析することに成功! 四国・近畿がもっとも”渡来人”の遺伝子に近かった (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.10.16 Friday

前ページ関東と中部地方は遺伝的に近縁ではない?

<

1

2

>

九州北部より「四国・近畿」の方が”渡来人”に近いことが判明

さらに、47都道府県を対象に主成分分析を行いました。

主成分分析とは、データの指標(次元)が多すぎる場合に、わかりやすく全体を1〜3次元にまとめるデータ解析法のひとつです(詳しくはこちらから)。

学生の「総合的な学力」や「文系・理系のどちらに強いか」がすぐわかる
学生の「総合的な学力」や「文系・理系のどちらに強いか」がすぐわかる / Credit: 株式会社インテージより

その結果、第1主成分は、沖縄県と46都道府県との遺伝的距離を反映していました。

図を見ると、沖縄県と遺伝的な最も近いのは鹿児島県で、次いで九州と東北も近く、最も遠いのは四国と近畿でした。また、四国・近畿地方は、地理的に近い九州北部よりも、中国・北京の漢民族と遺伝的に近縁であることが判明しています。

それから、第2主成分は、各都道府県の緯度・経度と強く関係していました。

主成分分析の結果
主成分分析の結果 / Credit: 東京大学大学院 理学系研究科

この結果は、「縄文人と渡来人の混血の程度」と「地理的位置関係」が、本土人の遺伝的な地域差を形づくっている原因であることを示します。

従来は、本土人のDNAの8割は渡来人由来とされていますが、四国・近畿地方では、もっと多くの渡来人が流入していたのかもしれません。

このデータを応用すれば、日本列島における縄文人と渡来人の混血の歴史がより詳しく理解できると期待されています。

<

1

2

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!