47都道府県と中国・北京の漢民族を対象とした「クラスター分析」
47都道府県と中国・北京の漢民族を対象とした「クラスター分析」 / Credit: 東京大学大学院 理学系研究科
biology

日本人の遺伝子を「47都道府県レベル」で初めて解析することに成功! 四国・近畿がもっとも”渡来人”の遺伝子に近かった

2020.10.16 Friday
東京大学 https://research-er.jp/articles/view/92963

今日の日本人は、1万年以上前から日本にいた「縄文人」と、3〜7世紀に移住してきた「渡来人」との混血した子孫と言われています。

これまでに、日本を7地域に分けて遺伝的な違いと調べた研究がありますが、中国・四国地方は含まれておらず、日本人の正確な遺伝的構造が分かっていませんでした。

そこで東京大学大学院 理学系研究科は、日本人の遺伝的構造を47都道府県レベルで分析し、その詳細を初めて明らかにしました。

10月14日付けで『Journal of Human Genetics』に掲載された報告では、朝鮮半島に地理的に近い九州北部より、四国・近畿地方に渡来人の遺伝子が強く見られたと述べられています。

関東と中部地方は遺伝的に近縁ではない?

研究チームは、ゲノム解析サービス・HealthData Labから約1万1000名のSNP遺伝子型データを用いて、日本人の遺伝的集団構造を調べました。

SNP遺伝子とは、ヒトDNAの塩基配列(A/T/G/C)に0.1%ほどの違いがある中で、1つの塩基の違いによるもの(一塩基多型、SNPのことを指します。

その中でまず、日本人の遺伝子は、「琉球人(沖縄県)」と「本土人(他の46都道府県)」にはっきりと分かれることが確認されました。

遺伝子クラスターは大きく3つに分けられる
遺伝子クラスターは大きく3つに分けられる / Credit: 東京大学大学院 理学系研究科

次に、47都道府県から50名ずつランダムに選んでSNP遺伝子を調べ、そこに「中国・北京の漢民族」も含めたクラスター分析を行っています。

その結果、日本人のクラスターは、「沖縄地方」「東北・北海道地方」「近畿・四国地方」「九州・中国地方」の4つに大別されました。また、関東と中部の各県については1つのクラスターに収まらなかったようです。

これは、関東と中部地方が遺伝的に近縁ではなく、2つをまとめた遺伝子集団の研究は適切でないことを意味します。

次ページ九州北部より「四国・近畿」の方が”渡来人”に近いことが判明

<

1

2

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!