アンドロメダ星雲
アンドロメダ星雲 / credit: depositphotos
report

星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年11月】 (3/5)

2021.01.27 Wednesday

2020.10.31 Saturday

国立天文台(1 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/11-topics03.html, 2 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/11-topics01.html, 3 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/11-topics02.html), 星空年鑑2020, AstroArts(1 http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11561_ph201112, 2 http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11590_ph201117) / written by ofugutan https://nazology.net/archives/tag/ofugutan

Best1.19日(木)三日月と木星、土星が共演

今年は木星土星が仲良く並んで目を楽しませてきましたが、日に日に沈む時間が早くなっています。

とはいえ、暗くなってきた頃にすぐ見れば、まだ高度20°以上にあるため、十分観測できるでしょう。

そんな木星と土星と三日が、11月19日(木)に日没から1時間後の空で共演して見えます。

1枚目の画像
Credit: 国立天文台

何度か木星と土星と月の共演は、この「今月の星の見どころ」でご紹介していますが、木星と土星は12月の下旬にかけて日々近づいていっているため、月と合わせた3天体は以前よりぎゅっと集まった位置で見られます

8月の下旬の観望会で、「握りこぶし横1つ分の間隔をあけて並ぶ明るい星が、木星と土星」とお客さんに解説したのですが、この記事の執筆現在は、握りこぶし3分の2くらい(中指、薬指、小指ぶんの幅)になっています。

11月の下旬になれば、いっそう近づくはずですね。どんどん狭くなる木星と土星の間隔にも注目してみてください。

1位にした理由

Good!:キレイな天文現象で間違いない、三日月と惑星の接近が2惑星で見られる。また、宵の空の木星と土星はそろそろ見納め

Bad!:のんびりしていると、すぐ沈んでしまう

次ページChallange!

<

1

2

3

4

5

>

レポートのニュースreport news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!