寒すぎて”樹上から落下するトカゲ”が続出! 「1〜4℃の低温」に耐えられるよう順応していた可能性(アメリカ)

トカゲ「一応、生きてます」
トカゲ「一応、生きてます」 / Credit: South Florida Sun-Sentinel

今年1月、10年ぶりの記録的寒波に見舞われたフロリダ南部で、奇妙な現象が見られました。

寒すぎて動けなくなったトカゲたちが樹上から次々と落下したのです。

アメリカ国立気象局はこれを受け、住民に「樹上から落ちてくるトカゲに注意」という異例の警告を出しました。

また、ニュースを見たワシントン大学の研究チームが、同地のトカゲの低温耐性を調べたところ、従来の結果を上回る1〜4℃まで耐えられることが判明したとのことです。

研究は、10月21日付けで『Biology Letters』に掲載されています。

>参照元はこちら(英文)

寒すぎてトカゲが樹上から落下

研究の発端は、同チームの進化生物学者であるジェームズ・ストラウド氏が、フロリダの都市マイアミに住む知人から受け取った一枚の写真でした。

そこには、歩道に仰向けになって動かない体長60センチほどのイグアナが写っていました。

その前日の夜、マイアミは異例の寒波に襲われて、気温が4.4℃まで下がっていたそうです。

こちらがその写真。

ストラウド氏は「気温がある下限値を下回ると、樹上で眠るトカゲは力を失って動けなくなり、地上に落下してしまう」と説明します。

ただ、死んでいるわけではなく、陽が当たって体温が上昇すると、再び動けるようになります。

ここから、同氏と研究チームは、トカゲがどれほどの低温に耐えうるかを調べるため、急遽マイアミに行き、トカゲを採捕して実験を始めました。

マイアミは例年、温暖な場所として有名
マイアミは例年、温暖な場所として有名 / Credit: B. Pierce

予想外の結果、1〜4℃まで耐えられると判明!

実験では、採捕した6種のトカゲを大きなアイスボックスに入れ、仰向けにひっくり返した状態でどれくらいまで冷たくなるかを観察しました。

同チームは2016年にも外来種のトカゲで同じ実験をしており、その際は平均7.7〜11.1℃の低温耐性が確認されています。

しかし、今回の実験で、フロリダのトカゲたちは、最高1〜4℃の低温に耐えられることが判明しました。

種によって数値は前後していますが、観察したどの種でも5.5℃までは確実に耐えられています。

実験のために捕まえたトカゲ
実験のために捕まえたトカゲ / Credit: James Stroud

「これは予想外の結果で、トカゲは気候変動に応じて、極端な低温に耐えられるよう変化したのかもしれない」とストラウド氏は話します。

しかしこれは、たまたま耐寒性の強いトカゲが生き残ったという”自然淘汰”の結果かもしれませんし、低温にさらされることでトカゲの耐寒性が強くなった”順応”の証拠かもしれません。

ストラウド氏は「この問題を解明することで、深刻化する気候変動がトカゲたちに与える影響を理解できる」と考えています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG