400年前に発見されていたミイラの中身がやっと解明される!

400年以上前に見つかったミイラ
400年以上前に見つかったミイラ / Credit: PLOS One

reference: livescience

400年以上前に発見されていたミイラの中身がついに解明されました。

この2体のミイラは、古代エジプトのネクロポリス(共同墓地)である「サッカラ」で発掘され、棺ではなく、肖像画と精巧な装飾がほどこされた布で包まれています。

同様のミイラはこの他に、エジプトに展示されているものを含め、3体しか現存していません。

今回は、この3体を対象にCTスキャン(コンピューター断層撮影)で遺体を調査しました。

研究はライス・エンゲルホルン博物館(独)により、11月4日付けで『PLOS One』に掲載されています。

>参照元はこちら(英文)

1615年にイタリア人作曲家が持ち帰った

サッカラで見つかった2体のミイラは1615年、イタリア人作曲家のピエトロ・デラ・ヴァレ(1586〜1652)によりローマに持ち帰られました。

ヴァレは、世界各地の聖地を巡礼する旅の最後にエジプトを訪問し、そこで2体のミイラに出会ったといいます。

それらは、石棺に納められた一般的なミイラと違い、木の板の上に安置され、装飾をほどこした織物で包まれていました。

そのため、「ヨーロッパに紹介された最初の肖ミイラ」となっています。

装飾の一部が立体的になっている
装飾の一部が立体的になっている / Credit: PLOS One

2体のミイラはその後、複数人の所有者の手に渡り、最終的にドイツのドレスデン州立美術館に収蔵されました。80年代に一度、X線写真が撮影されましたが、詳しいことはわかっていません。

ただ肖像画が示すように、片方は男性、もう片方は女性の遺体が保存されていました。

Credit: PLOS One

3体のミイラの中身は?

CTスキャンにより、ミイラの中身の秘密が明らかにされています。

まず、男性のミイラは推定25〜30歳で、身長は164センチ、2本の永久歯といくつかの虫歯が発見されました。脳はなかったのですが、一般に脳を取りのぞく際にできる鼻元の傷痕が見られていません。

女性は推定30〜40歳で、身長は151センチ、左膝の関節炎が進行していました。こちらも脳は保存されていません。

また、男性のミイラは、誰かが一度包みを開いたらしく、一部の骨が折れたり乱れていました。

男性の骨が乱れていた
男性の骨が乱れていた / Credit: PLOS One
女性のミイラ、首元にビーズ状のネックレスが見られる
女性のミイラ、首元にビーズ状のネックレスが見られる / Credit: PLOS One

3体目のミイラは、推定17〜19歳の少女のもので、身長は156センチ、頭部に髪どめが見つかっています。

少女には脳の一部が残っており、縮小しているものの、大脳と脳幹が特定できました。内臓の一部も確認されています。

脊椎には、40代以上の人に多く見られる脊椎血管腫が発見されました。

少女のミイラの覆い
少女のミイラの覆い / Credit: PLOS One
同様に立体的な装飾がほどこされている
同様に立体的な装飾がほどこされている / Credit: PLOS One

また、3体のミイラすべてにコインが見つかっており、これは「死者が三途の川をわたる際に渡し守のカロンに払うもの」という意味合いがあります。

研究主任のステファニー・ゼッシュ氏は「いずれの生存年代もBC30〜AD395年の間のどこかであり、豪華に装飾された埋葬布から、社会的に身分の高い人物だったでしょう」と述べています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG