ホヤは物理刺激により大人になる。しかし大人になると脳がなくなる
ホヤは物理刺激により大人になる。しかし大人になると脳がなくなる / Credit:慶応大学
biology

ホヤには「大人スイッチ」があると判明! 刺激されると成体になっちゃう (3/3)

2021.02.27 Saturday

前ページ機械的刺激がカルシウムイオン濃度の変化につながる

<

1

2

3

>

ホヤの変態は脱脊索動物化

泳いで暮らす子供のホヤには脳が必要だが固着してくらす大人のホヤには脳も脊索もいらない
泳いで暮らす子供のホヤには脳が必要だが固着してくらす大人のホヤには脳も脊索もいらない / Credit:慶応大学

今回の研究により、ホヤは物理的な刺激のみで成体に変態することが示されました。

また機械的な刺激がカルシウムイオン濃度の増加を介して、細胞内部へと伝わることも示されました。

ただ、変態は全身の改変をともなう劇的な現象であり、特にホヤの場合は脊索やを消滅させるといった極めて重大な変化を引き起こします。

そのためカルシウムイオン以外にも、複数の機構が存在する可能性が高いと考えられます。

研究者たちは研究成果が将来的に、食用として養殖されているホヤや、ホタテなどに付着して害を与えているホヤなどの管理に応用できると考えているようです。

またホヤの変態のメカニズムが解明されれば、私たち脊索動物の神経系の起源なども解明されるかもしれませんね。

<

1

2

3

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!