ここに映っている3匹は全てか二ではなくヤドカリの仲間が「カニ化」したもの。なおサムネに上げた問題の答えは上段の真ん中のタラバガニ以外は全て遺伝的にカニである
ここに映っている3匹は全てか二ではなくヤドカリの仲間が「カニ化」したもの。なおサムネに上げた問題の答えは上段の真ん中のタラバガニ以外は全て遺伝的にカニである / Credit:Bio Essays
biology

「カニ」への進化を繰り返した甲殻類の系譜が明らかに! タラバガニがヤドカリに分類される理由 (2/3)

2021.03.14 Sunday

How does a crustacean become a crab? https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-03/hudo-hda031121.php
How to become a crab: Phenotypic constraints on a recurring body plan https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/bies.202100020

先祖が既に曖昧だった

カニは2億5000万年前から存在する
カニは2億5000万年前から存在する / Credit:Bio Essays

なぜ特定の甲殻類はカニ化と脱カニ化を気軽に行えるのか?

この謎を突き止めるあたって研究者たちは甲殻類の化石を調べると共に、経験と直感に頼っていたカニ化の再定義をおこないました。

その結果、カニとヤドカリの共通の先祖は、完全なカニ化こそしていなかったものの、カニ化直前の曖昧な存在であったのだと結論づけました。

そのため子孫となったカニとヤドカリの両方に、カニ化の発明と放棄による先祖返りを繰り返せる融通性も継承されたとのこと。

つまりカニ化するかどうかの選択は、先祖から託された厄介な宿題であり、現代に生きる子孫たちは未だにその宿題を終わらせられていないともいえます。

次ページカニとは

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!