動物の脳を破壊する病気の原因を解明
動物の脳を破壊する病気の原因を解明 / Credit:Depositphotos
animals plants

2021.03.27 Saturday

ヒトが放出した「臭素」がバクテリアに毒を生成させ、動物の脳を破壊していたと判明 (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

実は物理学者も頭を悩ませる「ティーポットの注ぎ口から飲み物がポタポタ垂れてしまう」理由

前ページ動物の脳を破壊し奇行に走らせる原因不明の病気

<

1

2

>

外来種の水草と人間の廃棄物の組合せが原因だった

VM原因の解明は、25年間にわたる研究の積み重ねの結果です。

まず2005年までに科学者たちは、侵略的外来種である水草クロモ(学名:Hydrilla verticillata)が生育する湖のみでVMが広がっていると発見。

しかし、クロモだけが関連しているわけではないようでした。

それからしばらく後、2015年の研究で、クロモの表面積の95%を覆っている新しいシアノバクテリア「Aetokthonos hydrillicola(略称:A. hydricolla)」が原因である可能性が高いと発表されました。

ところが、A. hydricollaを鶏に与える実験では、鶏たちがVMになることはありませんでした。

水草の表面を覆うバクテリアが臭化物によって神経毒を生成
水草の表面を覆うバクテリアが臭化物によって神経毒を生成 / Credit:Steffen Breinlinger

そこでこの謎を解決するために薬理学者のブレインリンガー氏が立ち上がりました。

彼らの研究によって、欠けていた最後のピースである「臭化物」の存在が明らかにされたのです。

臭化物とは猛である臭素の化合物です。これは海水などに少量含まれているものですが、人間が除草剤や難燃剤を使用することで大量に放出されます。

研究チームはA. hydricollaが臭化物に晒されることで神経毒を生成すると突き止めました。

実際に、生成された神経毒を動物に与えると幹に液胞がつくられたとのこと。

つまり、25年間原因不明だった病気は、「外来種水草」と、その「バクテリア」、そして人間の排出した「臭化物」が複雑に関連しあった結果だったのです。

このことから、湖からクロモや臭化物を排除するなら、VM の被害を抑えられると考えられます。

今後研究チームは、VMの広がりを制御するベストな手段を見つけると共に、VMが人間に与える影響も研究していく予定です。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!