サルとヒトのキメラ胚を培養し原腸陥入期に移行させることに成功!
サルとヒトのキメラ胚を培養し原腸陥入期に移行させることに成功! / Credit:Weizhi Ji /昆明科学技術大学
biology

「サルとヒトのキメラ細胞」が実験室で誕生。19日間生存させることに初めて成功 (2/3)

2021.04.17 Saturday

前ページサルとヒトのキメラ胚を培養し原腸陥入期に移行させることに成功

<

1

2

3

>

ヒトとサルの細胞が会話を行っていた

キメラ胚内部でヒト細胞とサル細胞が何らかの連携を行っていた
キメラ胚内部でヒト細胞とサル細胞が何らかの連携を行っていた / Credit:Canva

今回の研究では単にキメラを作るだけでなく、キメラ胚と通常のサル胚の違いも調べられました。

破壊した胚から取り出した細胞が、どんな遺伝子やタンパク質を活性化させているかを調べることで、キメラ胚に何が起きているかを分子レベルで調査するのです。

すると、キメラ胚は純粋なサル胚やヒト胚とは異なる遺伝子やタンパク質が活性化していることが判明しました。

研究者たちはこの新たな変化が、ヒトとサルの細胞間で何らかの「コミュニケーション」が行われた結果であり、これらのコミュニケーションがヒト細胞の長期生存の鍵になる可能性があると考えました。

次ページヒトを含む動物同士のキメラが技術的には可能になる?

<

1

2

3

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!