サルとヒトのキメラ胚を培養し原腸陥入期に移行させることに成功!
サルとヒトのキメラ胚を培養し原腸陥入期に移行させることに成功! / Credit:Weizhi Ji /昆明科学技術大学
biology

「サルとヒトのキメラ細胞」が実験室で誕生。19日間生存させることに初めて成功 (3/3)

2021.04.17 Saturday

前ページヒトとサルの細胞が会話を行っていた

<

1

2

3

>

ヒトを含む動物同士のキメラが技術的には可能になる?

キメラの研究には倫理観を見失わないことが求められる
キメラの研究には倫理観を見失わないことが求められる / credit: canva

今回の研究により、ヒトと進化的に近い動物はキメラ胚の製造に適していることが示されました。

また細胞で働いている遺伝子やタンパク質の活性を調べることで、ヒトとサルの細胞がキメラ胚の内部で何らかのコミュニケーションをとっていることも分かりました。

研究者たちは、このコミュニケーションの正体を解き明かすことができれば、より多くのヒト細胞を含むキメラ動物を作れるようになると予想しています。

技術的にキメラの作成がフィクションだけの話ではなくなった今、私たちはもう一度生命倫理について考えなくてはならないのかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!