シャコは幼生時からパンチが打てる
シャコは幼生時からパンチが打てる / Credit: Jacob Harrison et al, Journal of Experimental Biology(2021)
animals plants

シャコは「生後9日から”シャコパンチ”を繰り出せる」ことが判明! スピードも大人と同等

2021.04.30 Friday

Mantis Shrimp Larvae Pack an Explosive Punch Just Like Ma and Pa – “We Were Amazed!” https://scitechdaily.com/mantis-shrimp-larvae-pack-an-explosive-punch-just-like-ma-and-pa-we-were-amazed/ Baby mantis shrimp don’t pull their punches https://phys.org/news/2021-04-baby-mantis-shrimp-dont.html
Scaling and development of elastic mechanisms: the tiny strikes of larval mantis shrimp https://journals.biologists.com/jeb/article-lookup/224/8/jeb235465

シャコは、頑丈なボディと人の指を折るほどの強烈なパンチを持ちます。

しかし、いかなるシャコも完全な姿では生まれてきません。

ごく小さな幼生は6〜7回の脱皮を繰り返して、徐々に大人になっていきます。

では、シャコはいつ頃から得意のパンチを身につけるのでしょうか。

デューク大学、ハワイ大学の最新研究によると、シャコは生まれてすぐにパンチを繰り出すことが判明したとのことです。

研究は、4月29日付けで『Journal of Experimental Biology』に掲載されています。

生後9日目にはパンチが打てるように!

シャコの幼生を観察するのは容易ではありません。

幼生はわずか数ミリ程度しかなく、捕まえるにはライトを使って専用の網に追い込むのですが、他の生き物の幼生も一緒になだれ込むので、見つけるのが重労働です。

さらに、カメラにちゃんと映るように幼生を固定する技術も必要でした。

研究主任のジェイコブ・ハリソン氏は「具体的な調査の前に、体長4ミリのシャコを爪楊枝の先に接着剤で軽く貼り付け、特注の器材に乗せ、カメラのレンズが捉えられる位置に固定しなければなりませんでした。

幼生の採取から観察準備の完了までに約1年を要しました」と言います。

幼生の拡大画像
幼生の拡大画像 / Credit: Jacob Harrison et al, Journal of Experimental Biology(2021)

今回の調査では、フィリピン近海を原産とする「フトユビシャコモドキ(学名:Gonodactylaceus falcatus)」を対象に、ハイスピードカメラと高解像度レンズで撮影しました。

観察の結果、シャコの幼生は、孵化後わずか9日でパンチを繰り出し始めることが分かったのです。

映像を分析してみると、パンチを繰り出す直前に、付属肢がバネのように折り曲げられて、弾性エネルギーを蓄える様子が見られました。

その直後、シャコは付属肢を固定していたラッチを解放し、一挙にエネルギーを放出してパンチを繰り出したのです。

付属肢を曲げてエネルギーを蓄えるシャコ(孵化後11日目)
付属肢を曲げてエネルギーを蓄えるシャコ(孵化後11日目) / Credit: Jacob Harrison et al, Journal of Experimental Biology(2021)

実際、この動きのメカニズムは成体のシャコとほぼ同じで、ただサイズや威力がスケールダウンしているだけでした。

一番の驚きは、半透明の体を通して、内部筋肉の収縮する様子が観察できたことです。

「筋肉の収縮は成体のシャコにしか見られないと思っていたので、非常に驚きました」とハリソン氏は話します。

筋肉の収縮する様子まで観察できた
筋肉の収縮する様子まで観察できた / Credit: Jacob Harrison et al, Journal of Experimental Biology(2021)

約1ミリの付属肢は、孵化後の幼生が卵黄の蓄えを使い果たし、水中に出た直後に発達し始めます。

それから幼生が砂つぶ以下の小さなエサを食べ始めた9〜15日目に初めて、付属肢が完全に機能するようになっていました。

パンチ力はさすがにまだ弱いですが、スピードは大人顔負けの速さに達していたとのこと。

シャコは生まれながらのパンチャーだったようです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!