人間の寿命は最大で120~150歳だと判明
人間の寿命は最大で120~150歳だと判明 / Credit:Depositphotos
medical

人間の寿命は「150歳」が限界だったと明らかに

2021.05.27 Thursday

Gero scientists found a way to break the limit of human longevity https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-05/g-gsf052321.php
Longitudinal analysis of blood markers reveals progressive loss of resilience and predicts human lifespan limit https://www.nature.com/articles/s41467-021-23014-1

科学技術が進歩すれば、人間はいつまでも生きられるのでしょうか?

最新の研究によると、人間の最大寿命は120~150歳であり、この限界ラインを超えるのは難しいようです。

シンガポールのバイオテクノロジー企業「Gero」に所属するティモシー・ピルコフ氏ら研究チームは血液・DNA・ライフスタイルに関する大量のサンプルデータから、最大寿命を決定づける要素「回復力」を導きだしました

研究の詳細は、5月25日付けの科学誌『Nature Communications』に掲載されています。

人間の寿命を決定する2つの要素

研究により、回復力の重要性が明らかに
研究により、回復力の重要性が明らかに / Credit:Depositphotos

研究には、イギリスの長期大規模バイオバンク研究「UKB」(被験者数471,473、年齢範囲39~73)と、アメリカの国民健康栄養調査「NHANES」(被験者数72,925、年齢範囲1~85)のデータセットが用いられました。

そしてこれらを人工知能システムで分析し、人間の寿命に関与する2つの重要な要素を発見しました。

1つ目は、ストレスやライフスタイル、病気に関連する「生物学的年齢」

この要因は従来の理解と一致しています。

ストレスをなくし健康的な生活を送ると、人間の寿命は延びるのです。

そして今回のポイントになるのが、2つ目の要素である「回復力」です。

これは、1つ目の要素の生物学的年齢がどれだけ早く正常に戻るかを示すものです。

次ページ人間の回復力は確実に低下する

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!