人間用の抗うつ薬が川に流れ込みザリガニを大胆にさせていたと判明!
人間用の抗うつ薬が川に流れ込みザリガニを大胆にさせていたと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
animals plants

人から排出される抗うつ薬が「ザリガニを恐れ知らずにさせる」と明らかに (2/2)

2021.06.17 Thursday

FLUSHED ANTIDEPRESSANTS MAKE THIS ANIMAL UNUSUALLY “BOLD,” SCIENTISTS DISCOVER https://www.inverse.com/science/crayfish-antidepressants-in-waterways-septic-water-treatment
Exposure to a common antidepressant alters crayfish behavior and has potential subsequent ecosystem impacts https://esajournals.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ecs2.3527

ザリガニ以外の水生生物の性格も変わってしまっているかもしれない

セロトニンは地球上の様々な生物が脳内の伝達物質として使っているため、セロトニンの量に影響を与える薬は幅広い水生生物に影響を与える可能性がある
セロトニンは地球上の様々な生物が脳内の伝達物質として使っているため、セロトニンの量に影響を与える薬は幅広い水生生物に影響を与える可能性がある / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、人間用の抗うつ薬(SSRI)が、ザリガニに対して行動変化を引き起こす要因であることが示されました。

SSRIによってザリガニはより大胆になり、エサに対して貪欲になりましたが、この変化は必ずしもザリガニにとってプラスではありません。

警戒心を忘れた大胆な行動は捕食者に対して脆弱になり、ザリガニ自身の身の危険を増やし、結果的に種の衰退につながる恐れがあるからです。

研究者たちは今後、ザリガニ以外の水生生物に対するSSRIの効果を調べていくとのこと。

ザリガニに起きたような行動変化が他の無数の水生生物に対しても起きている場合、生態系全体に甚大な影響が起きている可能性が考えられるでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!