ホモ・サピエンスに最も近い「未知の人類」を発見
ホモ・サピエンスに最も近い「未知の人類」を発見 / Credit: CHUANG ZHAO-‘Dragon Man’ skull may help oust Neandertals as our closest ancient relative(2021)
history archeology

未知の人類「ドラゴンマン」を中国で発見、ネアンデルタールより現生人類に近縁である可能性

2021.06.28 Monday

New human species ‘Dragon man’ may be our closest relative https://www.livescience.com/dragon-man-human-species.html
Massive cranium from Harbin in northeastern China establishes a new Middle Pleistocene human lineage https://www.cell.com/the-innovation/fulltext/S2666-6758(21)00055-2

私たちに最も近いのは、ネアンデルタール人ではなかったかもしれません。

中国とイギリスの研究グループは25日、中国北東部で見つかった頭蓋骨が、約14万6000年前の絶滅人類のものであると発表しました。

「ドラゴンマン(Dragon man)」と通称されるこの旧人は、現生人類(ホモ・サピエンス)に最も近く、ネアンデルタール人より近縁と見られています。

研究は、6月25日付けで科学誌『The Innovation』に掲載されました。

ネアンデルタールより現生人類に近い可能性

頭蓋骨は1933年に、中国北東部・竜江省のハルビンで、川に橋をかける工事の最中に作業員が見つけたとのこと。

発見当時は満州事変などの混乱により調査ができず、今日まで河北地質大学(Hebei GEO University)に保管されていました。

頭蓋骨きわめて保存状態が良く、大きな臼歯も1本残っています。

「ドラゴンマン」の頭蓋骨
「ドラゴンマン」の頭蓋骨 / Credit: KAI GENG-Scientists hail stunning ‘Dragon Man’ discovery(2021)

頭蓋骨は、ホモ・サピエンスと同様に、比較的短い顔と小さな頬骨の上に大きな脳を収納するスペースがあります。

その一方で、太い眉山や大きな臼歯、ほぼ四角い眼窩などの特徴は、ネアンデルタールやハイデルベルゲンシスに近い特徴です。

こうした点から未記載のヒト属であると考えられ、「ホモ・ロンギ(Homo longi)」と新たに命名されています。

「竜の河」を意味する「ロンギ」は竜江省で見つかったことに由来し、英名では「ドラゴンマン(Dragon man)」となります。

「ドラゴンマン」の復元イメージ
「ドラゴンマン」の復元イメージ / Credit: CHUANG ZHAO-‘Dragon Man’ skull may help oust Neandertals as our closest ancient relative(2021)

ドラゴンマンの推定される脳サイズは私たちと同程度で、1本残っていた臼歯は、ロシアのアルタイ地方で見つかったデニソワ人と同じくらいでした。

炭素年代測定から、このドラゴンマンは約14万6000年前に生きていたことが分かっています。

また、頭蓋骨とそれに付着していた堆積物の化学分析から、彼らがハルビン地域を起源とすることも判明しました。

ドラゴンマンの生息年代は、約78万〜12万年前の中期更新生と推測されています。

「ドラゴンマン」の顔の再現図
「ドラゴンマン」の顔の再現図 / Credit: CHUANG ZHAO-New human species ‘Dragon man’ may be our closest relative(2021)

また研究チームは、アフリカ、アジア、ヨーロッパの他の中期更新世のヒト属の化石と比較して、ドラゴンマンの進化の状況を調べました。

その結果、ドラゴンマンは、ホモ・サピエンスと約94万9000年前に共通の祖先を持っていたことが分かったのです。

ホモ・サピエンスとネアンデルタール人の最終共通祖先は100万年以上前に遡ることから、ドラゴンマンの方が遺伝的に現生人類に近いことになります。

一方で、ドラゴンマンの頭蓋骨は、ほかの遺跡で見つかった中期更新世のヒト属にも似ていると指摘されています。

中でもデニソワ人の頭蓋骨と近似しており、今回の化石もデニソワ人である可能性が否定できません。

研究チームは今後、デニソワ人との比較のために、ドラゴンマンの頭蓋骨からDNAを抽出し、タンパク質構造を特定して、遺伝的な差を明らかにしたいと考えています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!