人間のマネをしてしゃべる不思議な鳥オウム
人間のマネをしてしゃべる不思議な鳥オウム / Credit:pixabay
animals plants

オウムはなぜ人間のマネをしてしゃべるのか?

2021.08.04 Wednesday

Why Do Parrots Mimic Human Speech?(scienceabc) https://www.scienceabc.com/nature/animals/why-do-parrots-mimic-human-speech.html

海賊の船長が肩に乗せたい鳥ナンバー1に輝くオウムは、なぜ人の言葉でしゃべるのでしょうか?

人間の言葉をしゃべる動物というのは、よく考えるとかなり衝撃的な存在です。

オウムの声マネには一体なんの意味があるのか?

今回はそんな声を擬態する鳥「オウム」について解説していきます。

声の擬態にはどういう意味があるのか?

いくつかの鳥が、人間の会話を模倣することはよく知られています。

中でも特に有名なのがオウムですが、なぜ彼らはそんな能力を獲得したのでしょうか?

これを理解するためには、まず鳥たちの独特の社会やコミュニケーション方法を知る必要があります。

たとえばウグイスは「ホーホケキョ」と鳴きますが、これはイヌの「ワンワン」や、ネコの「にゃーにゃー」という鳴き声の表現とは大きく異なります。

鳥はリズムや抑揚などを含め仲間の歌い方を学習する能力がある
鳥はリズムや抑揚などを含め仲間の歌い方を学習する能力がある / Credit:canva,ナゾロジー編集部

ウグイスは、何も考えずにただ鳴いたら「ホーホケキョ」になっているわけではありません。

彼らは抑揚やリズムを付けて、そのように「歌っている」のです。

では、どうしてウグイスはどこへいっても「ホーホケキョ」と鳴くのでしょう?

それは彼らが子どものとき、親や群れのリーダー的な鳥から種固有の歌声を聞いて学び、それを真似するからです。

そのため、幼鳥を親から隔離しておくと、異常な歌を発するようになります。

つまり、声の擬態とは、歌う種族である鳥類たちの社会性の一部であり、そのため彼らは生来、音を聞いて真似る能力に優れているのです。

次ページ鳥たちにとってのイケメン

<

1

2

3

>

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!