コロナ後遺症でIQが低下する
コロナ後遺症でIQが低下する / Credit:Depositphotos
health

コロナに感染すると「脳の霧」でIQが7も低くなると報告される

2021.07.31 Saturday

Large study finds COVID-19 is linked to a substantial deficit in intelligence https://www.psypost.org/2021/07/large-study-finds-covid-19-is-linked-to-a-substantial-drop-in-intelligence-61577
Cognitive deficits in people who have recovered from COVID-19 https://www.thelancet.com/journals/eclinm/article/PIIS2589-5370(21)00324-2/fulltext#%20

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染すると、回復した後も後遺症に悩まされる場合があります。

イギリスの大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)脳科学科に所属するアダム・ハンプシャー氏ら研究チームの調査で、コロナ回復後にIQが7も低くなると判明しました。

論文によると、IQ低下の原因はコロナ後遺症として話題になっているブレインフォグ(脳の霧)とのこと。

研究の詳細は、7月22日付の学術誌『EClinicalMedicine』に掲載されました。

コロナ後遺症のブレインフォグ(脳の霧)は、IQも低下させる

研究チームは、2020年1~12月の間に知能テストを完了した8万1337人の参加者のデータを分析しました。

そして全サンプルのうち1万2689人が新型コロナウイルスを経験していました。

これにより、コロナ経験者と未経験者のIQの傾向をそれぞれ調べることができたのです。

コロナ後遺症「ブレインフォグ」
コロナ後遺症「ブレインフォグ」 / Credit:Depositphotos

年齢、性別、母国語、教育レベルなどの要因をコントロールした結果、コロナ経験者は未経験者に比べて、知能テストの成績が低い傾向にあると判明。

特にコロナ経験者は、推測・計画・問題解決を必要とするタスクが苦手になっていました。

これは新型コロナウイルスの後遺症として報告されている「ブレインフォグ(の霧)」に共通する障害のように思えます。

実際、ブレインフォグを経験する人は、「頭がぼんやりする」「集中できない」「正しい言葉が見つけられない」と感じ、認知機能の低下が認められます。

次ページコロナ重症患者は回復後もIQが7ポイント下がったままだった

<

1

2

>

健康のニュースhealth news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!