ラッパのマークの正露丸として知られる木クレオソートを主成分とする胃腸薬
ラッパのマークの正露丸として知られる木クレオソートを主成分とする胃腸薬 / Credit:大幸薬品
medical

正露丸は「寄生虫アニサキス」を殺す世界初の特効薬だった

2021.09.09 Thursday

2021.09.08 Wednesday

正露丸が寄生虫アニサキスを殺す:世界初の特効薬か(論文navi) https://rnavi.org/103492/
Over-the-counter medicine (Seirogan) containing wood creosote kills Anisakis larvae https://doi.org/10.17352/ojpp.000017

ラッパのマークの正露丸というと、日本では広く知られている一般的な胃腸薬ですが、これが実は世界初のアニサキス特効薬だった可能性が濃厚になってきました。

もともと正露丸がアニサキスの活動を抑制するという報告はありましたが、ネット上では専門家による否定的な意見も多く、実際の効果は不明確でした。

高知大学理工学部の研究グループは、正露丸がアニサキスに対する殺虫効果を持つのかどうかを、細胞の生死判定を行うトリパンブルー染色液を使って調査

結果、正露丸を溶かした液は実際にアニサキスを殺していて、胃液でも分解できる状態にしていることがわかりました。

これは現在殺虫方法がないとされていたアニサキスに対する世界初の特効薬が、実は既に存在していたという驚きの事実です。

研究の詳細は、『Open Journal of Pharmacology and Pharmacotherapeutics』へ7月22日に掲載されています。

刺し身好きにとって恐怖の寄生虫アニサキス

アニサキスは消化管の粘膜に頭部を突き刺して暴れまわり粘膜へ潜り込もうとする
アニサキスは消化管の粘膜に頭部を突き刺して暴れまわり粘膜へ潜り込もうとする / Credit:canva

日本人にとっては欠かせない食文化である「お刺身」。

しかし、サバやカツオといった魚介類にはアニサキスという1~3cmほどの厄介な線虫が寄生しています

このアニサキスをそのまま食べてしまうと、奴らは胃や腸の粘膜に頭を突き刺して暴れまわり、激しい腹痛やアレルギー症状を起こします

ひどいときには消化管の壁を食い破って腹腔へ入り込んだ症例も存在しています。

このアニサキス症の被害は、年々増加傾向にあり、日本では2018年に報告された食中毒の症例の35%がアニサキスによるものだったといいます。(Watari et al.,2021)

しかも現在、このアニサキスを殺す特効薬は存在しないとされており、体内に入り込まれた場合、病院で内視鏡を使って外科的な方法で摘出してもらうしかありません

そんな話を聞くと、私たちも安心して「お刺身」が食べられなくなってしまいそうです。

ところが、実は2011年にドイツの医学雑誌『Hepato-Gastroenterology』に、正露丸でアニサキス症が緩和されたという2つの症例が報告されます。(Sekimoto et al., 2011)

この論文では、「2つのケースで、正露丸を経口摂取したアニサキス症の患者が、数分で強い上腹部痛を鎮静化した」と報告している他、試験管実験(in vitro研究)でも正露丸に曝露したアニサキスの幼虫が活動を抑制させたと報告していました。

ただ、この論文では完全にアニサキスに正露丸が効くことを証明できてはいなかったため、世の中では半信半疑に聞いている人がほとんどで、「ひょっとしたら応急処置にはなるのかもね」、というニュアンスで伝えられるだけでした。

そこで、今回高知大学理工学部の研究グループが、「正露丸がアニサキスを麻痺させているだけなのか、殺虫効果があるのか」という問題を明らかにしようと研究を行ったのです。

次ページ正露丸はアニサキスを確かに殺している

<

1

2

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!