アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」の発生源は肝臓の可能性!
アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」の発生源は肝臓の可能性! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
medical

アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」の発生源は肝臓の可能性がある (2/3)

2021.09.19 Sunday

前ページ意外にも悪名高いアミロイドβの発生地は謎だった

<

1

2

3

>

肝臓で作られたアミロイドβが脳に蓄積している

肝臓で作られたアミロイドβが脳に蓄積している
肝臓で作られたアミロイドβが脳に蓄積している / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

アミロイドβの本当の生産地はどこにあるのか?

謎を解くためオーストラリアのカーティン大学の研究者たちは、マウス遺伝子を操作して、肝臓でヒト型のアミロイドβを作る個体を作成。

そしてアミロイドβの流れを追跡しました。

結果、マウスの肝臓で作られたアミロイドβがマウスので血管から染み出していると判明。

また血管から染み出たアミロイドβが脳に蓄積されるにつれて、マウスはアルツハイマー病と同様の神経障害や炎症を発症し、認知機能にも障害があらわれました。

この結果は、マウスの肝臓で作られたアミロイドβが血液に乗って、マウスの脳に運ばれて障害を引き起こしていることを示します。

これまでマウスを用いたアルツハイマー病の研究は、脳細胞でアミロイドβを作るように遺伝子を操作された個体をベースに、様々な薬を投与する形で治療薬の探索が行われてきました。

しかし発生源の主流が脳ではなく肝臓である場合、いままでの研究の多くが「的外れ」である可能性が出てきたのです。

次ページ人間での臨床試験が進んでいる

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!