ライオンに勝てる動物ランキングTOP10
ライオンに勝てる動物ランキングTOP10 / Credit: jp.depositphotos
animals plants

3位カバ、2位ヒト…1位は?「百獣の王・ライオンに勝てる生物ランキングTOP10」

2021.10.04 Monday

2021.10.02 Saturday

Top 10 Animals that Can Kill a Lion https://listverse.com/2021/08/12/top-10-animals-that-can-kill-a-lion/

ライオンは、動物界における「百獣の王」として確固たる地位を築いています。

確かに、ライオンはパワーやスピードに優れ、天敵もいませんが、サバンナには強力な動物が他にたくさんいます。

そして、その中には、ライオンを上回る実力を持った生物がいくつか存在するのです。

ここでは、「百獣の王・ライオンを殺すことのできる動物トップ10」を紹介していきます。

百獣の王・ライオンに勝てる生物ランキングTOP10

第10位 ナイルワニ

ナイルワニ
ナイルワニ / Credit: ja.wikipedia

ナイルワニは、イリエワニに次いで世界で2番目に大きな爬虫類です。

ライオン同様、生態系の頂点捕食者であり、彼らを積極的に狩って食べる動物は存在しません。

私たちが素手で近づこうものなら、強靭なアゴと鋭い牙に噛み砕かれ、水の中に引きずり込まれてお陀仏です。

ライオンと相見えることは少ないですが、実際に、ナイルワニがライオンを襲った記録は数多く残されています。

そのほとんどが、川辺で水を飲むライオンを待ち伏せして、急襲するというものです。

一方で、ナイルワニは日和見的で、普段はのっそりした獲物しか相手にしません。

なので、ライオンのように活発に動く相手をターゲットにすることは少ないとのこと。

ナイルワニと鉢合わせても、気を抜かずに威嚇すれば、ワニは水中に退散するようです。

第9位 ブラックマンバ

ブラックマンバ
ブラックマンバ / Credit: ja.wikipedia

ブラックマンバは、アフリカ大陸のサバンナに分布する猛毒ヘビです。

キングコブラに次いで2番目に大きな毒ヘビであり、毒性の強さと効き目の速さはコブラに勝っています。

大型の個体だと4メートルを超え、その大きさと毒の強さからライオンも恐れをなしています。

これまでに、ブラックマンバがライオンを襲ったという記録も複数あります。

一方で、ブラックマンバも先ほどのナイルワニと一緒で、脅威を感じた時しか、ライオンを襲うことはしません。

ライオン側も基本的にはブラックマンバに近づきませんが、不運にも噛まれてしまうと下のようになってしまいます。

第8位 ブチハイエナ

ブチハイエナ
ブチハイエナ / Credit: ja.wikipedia

ハイエナは、腐肉を漁る姿ばかりがテレビで流されるため、ずるい動物の代名詞のようになっています。

しかし、ハイエナは群れで行動すると高い攻撃力を誇り、積極的に狩りもします。

ところが、ライオンの群れが近づいてくると逃げざるを得ず、せっかく自分たちで狩った動物を盗まれてしまうのです。

確かに、1対1の勝負をすれば、ライオンの方が強いですが、群れになると形勢は逆転します。

中でも、攻撃力の高さに定評のあるブチハイエナは、数と攻撃力でライオンを圧倒し、殺すこともあるようです。

第7位 サイ

シロサイ
シロサイ / Credit: ja.wikipedia

サイは密猟のターゲットにされやすい動物ですが、生態系では敵なしの存在です。

生息地の有力な捕食者は皆、サイを避けます。

ライオンの約5倍の体重に加えて、縄張り意識が非常に強いので、普段は温厚でも、テリトリーを侵犯されると態度は一変します。

これまでのワニやマンバ、ハイエナは、どちらかと言うとライオンを避ける生き物ですが、サイはライオンでも容赦しません。

サイを怒らせてしまうと、流石のライオンもその場を後にするしかないようです。

第6位 トラ

トラ
トラ / Credit: ja.wikipedia

トラは、ライオンのライバルのような存在ですが、不思議なことに、両者の間には、生息地の重なりがほぼありません。

もともと生息地が重なっていた場所でも、人間による乱獲や生息地の減少により、ライオンとトラは徐々に離れて行きました。

今日では、インド西部・グジャラート州にあるギル国立公園が、ライオンとトラが共存する地として最も有名です。

しかし、両者ともに距離を置いて暮らしているそう。

「ライオンとトラはどちらが強いのか」という疑問には様々な意見がありますが、一般的には、ライオンよりも体が大きく、力も強いトラが勝つと言われています。

第5位 ゾウ

ゾウ
ゾウ / Credit: ja.wikipedia

現存する最大の陸上動物であるゾウが、ライオンより強いのは当然かもしれません。

その体格とパワーゆえに、今の地球上にゾウを圧倒できる動物はいないのです。

捕食を恐れる必要があるのは幼くて小さなゾウですが、たとえそうであっても、親のゾウたちに守られているため、狙われることもそうありません。

縄張り争いが原因でライオンの群れがゾウを襲うこともあり、その格闘は数時間にも及びます。

しかし、大抵ケガを負って逃げるのはライオンの方です。

専門家によると、ゾウ1頭を倒すのに必要なライオンの頭数は30頭だとか。

私たちで言えば、大の大人が幼稚園児30人に囲まれる感覚に近いかもしれません。

第4位 アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウ
アフリカスイギュウ / Credit: ja.wikipedia

アフリカスイギュウ(African buffalo)は、サイやゾウほど有名ではありませんが、サバンナでもトップレベルの攻撃力を誇ります。

体長は大きくて3メートル40センチ、体重は最大で900キロに達し、ライオンもスイギュウには決して群れでしか近づきません。

驚くべきことに、アフリカのスイギュウは同地のサイよりも平均的に重く、体長も背丈も同じくらいです。

さらに、縄張り意識が強く、テリトリーを侵犯されると攻撃的になるため、アフリカでは「ウィドウ・メーカー(後家作り)」というあだ名が付けられています。

現地の人によれば「スイギュウがライオンを血祭りに上げるのは日常茶飯事だ」という。

それも下の動画を見れば納得でしょう。

第3位 カバ

カバ
カバ / Credit: ja.wikipedia

百獣の王・ライオンの陰で常にささやかれているのが「カバ最強説」です。

実際、カバが動物の中で最も強いと考える専門家は多く、アフリカの現地人が最も恐れるのもカバだと言われています。

カバは全長3.5〜4メートル、体重は平均1400キロ、非常に大型の個体だと2000キロに達します。

大きな体格とは裏腹に俊足の持ち主であり、地上では時速40キロ以上、水中では時速60キロで移動できます。

こちらはカバに追われる水上ボートの様子。

2014年には、ナイジェリアの川でボートに乗っていた乗客13名が、カバに襲われ死亡したと報道されました。

たった1頭のカバを十数頭のライオンで襲っても返り討ちにされるようです。

第2位 ヒト

マサイ族
マサイ族 / Credit: ja.wikipedia

私たち人間は、動物界の中で非常に弱い生き物です。

他の動物たちに比べて、パワーやスピードに長けているわけではありませんし、防御力もほぼ皆無です。

もし身一つでサバンナに投げ出されたら、三日ともたないでしょう。

しかし、ヒトには道具を作ったり、作戦を立てる優れた知能があります。

今日の密猟を除いても、ヒトによるライオンの伝統的な狩猟は数千年前から行われてきました。

例えば、有名なケニアのマサイ族は、何世代にもわたり、男の通過儀礼としてライオン狩りを続けています。

現代の科学技術で作られた道具を持ってすれば、ヒトに狩れない動物はもはや存在しないでしょう。

第1位 蚊

ガンビアハマダラカ
ガンビアハマダラカ / Credit: ja.wikipedia

第1位は、意外かもしれませんが「蚊」です。

蚊なんて、体は小さいし、動きもさして速くなく、両手でパチンとやってしまえば簡単に倒せます。

ところが、この地球上で最も人間の命を奪っているのは、蚊なのです。

蚊は何十種類もの病気を媒介する生き物で、年間75万〜100万人が命を落としています。

これは、人の死亡原因の2位から10位までの死者を合わせたよりも多いのです。

また、その被害は人間だけに留まりません。

現在知られている約3500種の蚊の大半は、陸上動物の血を吸うように進化し、病気を媒介するようになりました。

ライオンも例外ではなく、蚊が媒介する感染症により命を落としています。

蚊は、地上で暮らす動物からすると、死を運ぶ悪魔のような存在なのです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!