ミツバチの生体電気に反応して花の香りが増える判明!
ミツバチの生体電気に反応して花の香りが増える判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
plants

「ミツバチの生体電気に反応して」香りを増やす花があると判明

2021.09.25 Saturday

Flowers release their perfume in response to electricity of a bee’s touch https://phys.org/news/2021-09-perfume-response-electricity-bee.html
Bumblebee electric charge stimulates floral volatile emissions in Petunia integrifolia but not in Antirrhinum majus https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00114-021-01740-2

電気で花の香りが増えました。

英国ブリストル大学の研究者たちによれば、一部の花はミツバチの生体電気を感知して、香り成分の放出を増すとのこと。

神経が存在しない植物が、特定の動物の存在を、電気的に感知するとの報告は世界ではじめてであり、非常に驚くべきことです。

研究内容の詳細は9月14日に『The Science of Nature』にて掲載されています

ミツバチ5匹分の電荷で香りが増大

ミツバチ5匹分の電荷で香りが増大
ミツバチ5匹分の電荷で香りが増大 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

花の香りは主にミツバチを引き寄せて、受粉の手伝いをしてもらうために使われています。

しかし花にとって香り成分は「限られた資源」であり大盤振る舞いはできません。

それどころか無差別に放ち続ければ、葉や花を食べるを呼び寄せるキッカケになってしまいます。

そこでブリストル大学の研究者たちは、花にはミツバチの訪問を感知して香りを増大させる仕組みがあるかもしれないと考え、調査をはじめました。

研究者たちはまず、ミツバチと花(紫のペチュニア)を用意して、ミツバチの訪問の前後で、花の香りに変化が起こるかどうかを確かめました。

また調査に使われるペチュニアには、電荷の変化を感知する測定器も取り付けられていました。

ミツバチの体は120ピコクーロンの正の電荷を帯びていることが知られており、接触によって電荷が花に移動する可能性が考えられたからです。

すると予想通り、ミツバチがペチュニアを訪問すると、香り成分である「ベンズアルデヒド」の放出量が2倍に増えることが判明。

また興味深いことに、ミツバチが1匹着地するごとに花に120ピコクーロンの電流が流れ込み、合計値が600ピコクーロン(5匹ぶん)に達すると、香りの増大が起こることが発見されました。

ただこの段階では、ミツバチが着地した衝撃の影響を排除しきれませんでした。

そこで研究者たちは、香りの放出が純粋に電気に依存するかを確かめるため、花を電気刺激することにしました。

次ページ電荷を合わせると純粋な電気刺激でも香りが放出された

<

1

2

3

>

植物のニュースplants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!