磁力を使ったテンセグリティ
磁力を使ったテンセグリティ / Credit:Kontax Engineering Ltd(Kickstarter)_Tensegrity table with magnetic floating gap(2021)
toy

まるで浮いているかのような磁石で釣り上げるタイプの新しいテンセグリティ

2021.10.11 Monday

Tensegrity table with magnetic floating gap https://www.kickstarter.com/projects/kontax/tensegrity-table-with-magnetic-floating-gap/description

宙に浮いているような不思議な構造。

このようなオブジェクトは「テンセグリティ」と呼ばれ、現在、さまざまなタイプのものが製作・販売されています。

そして最近、イギリスのエンジニアリング会社「Kontax Engineering Ltd」が、磁石と細いワイヤーでバランスを保つ新しいテンセグリティテーブルを開発しました。

現在、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中です。

磁石とワイヤーで宙に浮く「テンセグリティテーブル」

従来のテンセグリティ
従来のテンセグリティ / Credit:JK Brickworks

テンセグリティは、物理法則を無視して浮いているかのように見えます

しかし実は、ひもやチェーンが材料を絶妙なバランスで引っ張り合うことで成立しています。

むしろ張力や重力などの「物理法則を利用した芸術」だと言えるのですね。

こうしたテンセグリティ製品の中には、「物を置けるテーブル」として機能するものもあります。

そして最近、Kontax Engineering社は従来のテンセグリティテーブルに「磁力」を追加した新しい製品を発明しました。

磁石を使ったテンセグリティテーブル
磁石を使ったテンセグリティテーブル / Credit:Kontax Engineering Ltd(Kickstarter)_Tensegrity table with magnetic floating gap(2021)

2つの磁石を中心とした点対称のオブジェクトであり、3本の細いワイヤーで結ばれています。

一見すると、重力の作用で上部が落ちてしまいそうですが、なぜかバランスを保てています。

しかもこれは「テーブル」なので、上部プレートに物を置くこともできるのだとか。

では、この新しいテンセグリティテーブルは、いったいどのように機能しているのでしょうか?

次ページ磁石付きのテンセグリティテーブルはどうやってバランスを保っているの?

<

1

2

3

>

おもちゃのニュースtoy news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!